電車で巡る魅惑のパン屋♪懐かしのコッペパンサンドにほっこり「日東ベーカリー」

写真拡大

鉄道好きな主人が「富士山を車窓から見ながら走る岳南電車に乗りたい!」と言うので、岳南電車始発駅の「吉原」(有人駅)までは家から車で向かい、1日乗車券(700円)を買っていざ乗車!!

女性パティシエが焼くヴィエノワズリーを全種買いしたい!都立大学「アディクト・オ・シュクル」

懐かしさを感じる味わい深いパン

創業80年以上の「日東ベーカリー」さん。吉原本町駅からは徒歩10分くらいでしょうか。隣の本吉原駅へは5分くらいだったと思います。
外観が渋い!昭和な佇まいに心惹かれます。

白髪の優しい雰囲気の男性お二人が厨房にいらっしゃり、接客はどちらかの奥様とおぼしき女性が応対してくださいました。

12時半近くの訪問だったので、ショーケースの中にはパンが少ししかありませんでした…。地元の方が好みのパンをさっと選んで次から次へと買っていかれます。

ショーケースには昔懐かしいコッペパンサンド、カレーパン、あんぱんなどの定番商品が並びます。

うーん、迷いますねえ。

コッペパンサンドで唯一残っていた“クリームあんこ”。軽いホイップクリームとこしあん。パンが香ばしく焼けていて外側カリッ、内側はふわっとしています。

全体的に軽めでペロッと食べられちゃいます。(お腹空いていたので帰りの車内で主人と半分こしちゃいました)

“揚げパン”。餡ドーナツですね♪グラニュー糖をまぶしてありますが中のこしあんもそんなに甘くないので甘さは気になりません。

揚げてあるパン生地がふんわり軽いです。懐かしさを感じる美味しさです。

昔と変わらない!?良心的なお値段

シンプルな“ロールパン”も購入。断面からもわかるようにみっちり詰まっています。

コッペパンと同じように香ばしい焼き加減です。これもこのまま食べるよりサンドイッチにして食べたくなりました。


以上、3点購入して390円と昔と変わらないのではと思うお値段。ゆったりした時間が流れる雰囲気のなか、優しいお店の方々とおしゃべりしたくなるお店でした。

おまけ情報♪
最寄りの吉原本町駅にはB級グルメの、“元祖 つけナポリタン”のお店「アドニス」がありましたのでそちらで昼食をとりました。

油をからめたもっちり太麺の上にはご当地名物桜エビがいい香りを放っています。スープはナポリタンというよりちょっとスパイシーな酸味の強いトマトスープで、麺とのバランスをうまくとってスッキリさせてくれます。

具材も味玉、しっとり柔らかい蒸し鶏、とろとろのチーズなど、大人が満足できる一品でした。また食べたい美味しさでした。ぜひ電車に乗って散策してみてくださいね(^^)

日東ベーカリー
住所:静岡県富士市今泉1-12-12
電話番号:0545-51-1277
営業時間:9:00〜19:00
定休日:日曜日