ラブラブだったドレイクとジェニファー・ロペス instagramより

写真拡大

47歳の歌手ジェニファー・ロペスと30歳のラッパーのドレイクが、破局したという。

ジェニファーとドレイクは昨年12月に熱愛を噂され、2人はお互いにインスタグラムにドレイクがジェニファーを抱きしめる写真を公開。しかし、複数の関係者がゴシップ誌「Usウィークリー」に2人が破局したことを明かした。

関係者たちによると、関係は次第に静まり、とりあえず今は終わっているとのこと。しかし、ドレイクがヨーロッパのツアーから戻ってきたら、再びジェニファーにアプローチをかけるという。また、関係者はゴシップサイト「E!ニュース」に「JLoとドレイクはまだ話をしています。だから、彼らが怒っているとか、何かがあったわけではないことを人々は知るべきです。主にタイミングだったのですよ」「彼らが明日とか1か月以内とかにディナーに行く可能性はあります。彼らはお互いの生活にいて、今は自分たちのことをやってるのです」と語っている。

ジェニファーは現地時間4日にインスタグラムに、「タイミングがすべてよ。もし、起こるべきことなら、起こるわ。正しい理由のためにね」と書いてある画像を投稿し、この言葉が意味深であると各メディアが伝えていた。