写真提供:マイナビニュース

写真拡大

22日にAKB48の卒業コンサートを行う小嶋陽菜がセンターを務める楽曲「シュートサイン」が、テレビ朝日系ドラマ『豆腐プロレス』(毎週土曜23:35〜25:00)の主題歌に決定した。きょう10日(20:00〜21:48)に放送される同局系『ミュージックステーション2時間SP』で初披露される。

「シュート」とは、プロレス界で"真剣勝負"を意味する言葉で、「シュートサイン」は"ガチで行くぞ"という決意を告げるポーズを指す。楽曲は、試練の恋に真正面から立ち向かう女心を切なくも勇ましく歌い上げており、プロレスの入場曲を連想させるような仕上がりとなっている。発売は3月15日。

選抜メンバーには、『豆腐プロレス』に出演する宮脇咲良(HKT48/AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、横山由依(AKB48)、加藤玲奈(AKB48)、木崎ゆりあ(AKB48)、向井地美音(AKB48)、須田亜香里(SKE489、白間美瑠(NMB48/AKB48)、兒玉遥(HKT48/AKB48)、中井りか(NGT48)らも選ばれており、同ドラマはすでに放送をスタートしているが、11日の第4話から主題歌として流れる。

その第4話では、宮脇咲良ら「錦糸町道場」に集まった6人のメンバーが、現役女子高生のプロレスリーグ「WIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)」の試合を観戦。松井珠理奈らのプロレスシーンもふんだんに登場するが、プロレスを辞めると言い出すメンバーが出現してしまう。