女性とダイエットというのは、どこまでいっても切り離すことのできない関係です。でも、ダイエットはガマンと隣り合わせ! ということは、女性はいつもガマンを強いられているんですね。しかし、どうやらガマンを強いられているのは私たち女性だけではないようで――?

(1)ストレスの吐け口にしていませんか?

「ダイエットがつらいからといって、オレに八つ当たりして怒るのはやめてほしい。なんで当たられなきゃいけないんだ!」(金融/28歳/男性)

▽ 優しさに甘えて(彼を)ストレスの吐け口にしてしまっていませんか? これを続けると、「好きでダイエットしているくせに!」と呆れられてしまうかもしれません。ほどほどにしましょうね。

(2)手作りご飯が質素になっていませんか?

「同棲中の彼女がダイエットしているのは知ってる。そりゃ、オレもスタイルがいい彼女のほうが好き。でも最近、彼女の手作りご飯がダイエットメニューになってきたのは不満」(自営業/29歳/男性)

▽ 二人分を別々に作るのは、とっても面倒臭いですからね! 作る側の好きなものや、食べたいメニューになってしまうのは当然のことなのですが……。それでも男性側の意見としては、不満に感じるみたいですね。

(3)彼セレクトにダメ出ししていませんか?

「つい先日、『ダイエット中なのにこんなおいしそうなカフェに連れてくるなんて、非常識もいいところ!』と怒られた。理不尽だ……」(建築/30歳/男性)

▽ 彼が考えてくれたデートコース、あなたが好きそうだと見つけてくれたカフェやレストランにダメ出しばかりしてはいませんか? デートプランを考えるのは彼の善意なのです。それを忘れて怒鳴り散らすのはいただけませんね。

(4)頑張りアピールをしすぎてはいませんか?

「ダイエットを頑張ってるのは知ってる。偉いなとも思う。でも、いちいち頑張ってますアピールをしてくるのはいい加減ウザいかも。日に何度も褒めなきゃならないコッチの身にもなってよ」(経理/27歳/男性)

▽ 頑張りを認めてもらえるというのは、やる気アップにつながります! 大好きな彼に褒めてもらえるなら、つらいダイエットもなんのその! とはいえ、アピールをしすぎると「はいはい(またかよ)」なんて軽く流されるようになってしまうかもしれません。

「文句溜まってます!」を見逃さないで!

ダイエットはガマンの連続。甘いものをガマンしたり、ご飯の量を加減したり、苦手な運動を頑張ったり……。ただ、ダイエッターの彼女をもつ彼氏も相当不満が溜まっているみたいです。
イライラしているからといって、彼氏に当たるのはご法度! もしかすると、取り返しのつかない事態に進展してしまうかもしれませんよ〜。くれぐれも気をつけましょう。