男性を遠ざける独女3タイプ…「あたしだけ〇〇」と焦る女子は要注意

写真拡大

「玉の輿」…なんとも魅力的な響きです。「高橋タマノコシ」名前としてもいい感じです。女性は心のどこかで玉の輿を夢見ていますよね。

わたしの知り合いにも、お金持ちとしか付き合わない計算しまくりの怖い女性がいました。
その子の口癖は「なんであたしだけ結婚できないの?」…これは本人ではなく、第三者のほうがその理由がわかるかもしれません。

◆独女の焦りエトセトラ


シングル女性に多い口癖「あたしだけ独身」「あたしだけ独り」「あたしだけ彼氏いない」などなど。
これから先、焦って失敗しないためにも代表的な女の焦りのエトセトラをちょっと覗いてみましょう。

◆プライドがエベレスト


どうしてなのか、何がそうさせるのか…プライドがものすごく高い女性は数多くいます。
「なんであんなヤツと食事に行かなきゃいけないわけ?」「あの子のバーキン、絶対ニセモノよ」いつだって自分が優位に立ちたいのでしょう。

結婚したいし、彼氏もほしい!プライドが高すぎる女性は、相手の男性の職業と会社名を重視します。お金を稼いでいるのか知りたいので、会社名からだいたいの年収を推測するようです。
まず、第一印象では男性の時計と靴をチェックするタイプじゃないでしょうか。

自分の話術はさておき、男性の会話がつまらないとあからさまに顔に出し、自分の希望範囲におさまらないとわかった瞬間に会話を打ち切ります。

焦りがそうさせるのかもしれませんが、これだとその男性の本当の魅力もよくわからないまま、せっかくの出逢いが無駄になってしまいます。

もっと「相手を知ろう」という気持ちを持てたらいいですね。聞き上手で相槌上手な人はモテますし、なにより自分の知らなかった情報を得られるので学ぶことも多いはず。損はしないと思いますよ。

◆がっつきすぎるハイエナ女子


出逢いがあるなら、ともかく男性全員と話したいし、情報もほしい!すぐに二人でデートしたいし、自分の魅力を知ってもらって自分のものにしたい!

ガツガツしている人は、男性にもバレバレです。
あまりにわかやすく、ちょっとおばちゃんっぽく感じられるので、女性としての魅力は一切伝わらず、すぐに嫌われてしまいがち。

「早く自分をたくさんアピールしないと他の女子に取られちゃう!」と気が気ではないのでしょう。
ところが、男性は小出しにされたほうが相手のことを知りたくなり、萌えるもの。いわゆるジラしですね。

あまりに一気にフル回転されるとお腹いっぱいになってしまい、「もう…大丈夫です…」とそれっきりになってしまいます。

焦る気持ちをちょっと我慢。ひと呼吸置いてゆっくり話しましょう。相手にも一つずつ質問するといいと思いますよ。

会話はキャッチボール。一緒にいて癒されるような、男性が思わず愚痴を聞いてもらいたくなるような雰囲気を心がけてはいかがでしょうか。

◆「どうせあたしなんて…」何だか暗い女


何人かで集まって恋愛の話をしていると、「どうせあたしなんて…」と卑屈になっている女性がチラホラ。卑屈になっているけれど心の中では出逢いを心底求めているようです。

思うに、人に「そんなことないよ!」と言わせる人は負のオーラが重いです。
わたしの知り合いにもいますが、一緒にいて疲れます…。
「そーだ。そーだ!あんたはダメな女だよ!」と言ってやりたい気もしますが、さすがに言えません。言えるわけがありません。

「どうせかわいくないし」「どうせモテないし」「どうせ太ってるし」etc…
試しに、その「どうせ○○」を一週間言わないで過ごしてみましょう。言いたくなったら無理にでも笑顔を作る!

「どうせ…」という言葉は逃げです。相手に思われる前に自分でそういう思考を作っておいて、いざそうなった時に傷つかないようにしているのではないでしょうか。
自分で思っているより、あなたは魅力的なんですよ。褒められても逃げない!男性に「かわいいね」と言われたら「ありがとう」と答えましょう。

◆終わりに


「あたしだけ彼氏いない」「あたしだけ独身」「あたしだけ独り」と焦る女子3タイプのエトセトラ。
もし、自分が相手の男性の立場だったら…を考えると「こんな女性は恋人にしたくないな」と感じるのではないでしょうか。

それがそのまま、男性からの自分の評価だと思ったら、怖くなっちゃいますよね!?

ライタープロフィール


オクトパス高橋
恋愛コラムニスト。様々な媒体にて執筆中。
悩める大人女子を救済すべく立ち上がった方向音痴のポジティブ伝道師。料理研究家の高橋わこうと同一人物説が出ていることを物凄く否定している。