名古屋に暗雲…MF田口が練習中に負傷、沖縄キャンプを検査のため離脱

写真拡大

 名古屋グランパスは10日、MF田口泰士が沖縄で行われている春季二次キャンプを離脱したことを発表した。

 クラブ発表によると、田口は練習中に負傷。検査のため、9日に名古屋へ帰ったことを伝えている。

 現在25歳の田口は2009年に名古屋に入団。クラブ一筋で8シーズン在籍し、J1リーグ通算121試合7ゴールを記録している。昨季は主将を務め、明治安田生命J1リーグ27試合に出場していた。
 
 昨季、クラブ史上初のJ2降格が決まり、今季はJ2に戦いの場を移した名古屋。開幕節は26日で、ホームにファジアーノ岡山を迎える。