ティナ・フェイ

写真拡大

当サイトでも2017-2018シーズンの各局ドラマ企画を日々お伝えしているが、このほど米TV Lineが米国主要ネットワークの新ドラマ情報をまとめて伝えている。今回は米NBCの秋から始まる新ドラマについてご紹介しよう。

『Good Girls』:郊外で暮らす主婦3人の"good girl"たちが、ある日突然自分たちが絶望的な状況に置かれていることに気付き、自分たちの力を取り戻すべく危険に挑むというストーリー。脚本はジェナ・バンズ(『スキャンダル 託された秘密』)。製作総指揮はアヴィ・ニールが務める。

『Happy Peppers』:
脚本はマックス・マッチニック(『ウィル&グレイス』)とジェフ・アストロフ(『フレンズ』)が手掛ける。本作は、片方が大損してしまったことをきっかけに子ども時代以来の同居生活をすることになった兄と妹を中心に描くコメディドラマ。二人は互いの出会いを手助けしたり、親友として愚痴を聞いたり、時には恋に協力し合ったり、仕事を助け合ったりと励まし合って苦境を乗り越えていく。

『The Sackett Sisters』:本作は疎遠になっていた姉妹が世間を騒がせるような大きなことを成し遂げ、再び結託するというストーリーのコメディ。本作にはNBCの大ヒットコメディ『30 ROCK/サーティー・ロック』を手掛けたチームが再集結しており、主演だったティナ・フェイが製作総指揮を務める。ほかに、ロバート・カーロックとデヴィッド・マイナーも同役で名を連ねており、脚本はルーク・デル・トレディチが担当する。

・タイトル未定
主人公のヴィンスは弟と一緒に暮らしている野心のないカリスマ的なジムのオーナー。彼の10代の息子が、ミンディ演じる高校時代の知人プリヤと出会うことで、平凡だった彼らの生活は一変する。脚本は『ザ・オフィス』のミンディ・カリング(ケリー役)とチャーリー・グランディ、さらに製作総指揮だったハワード・クラインも同役で参加する。また、ミンディはプリヤ役でゲスト出演する。

・タイトル未定
『ママと恋に落ちるまで』の脚本家コートニー・カンの人生をもとに企画が生まれた本作は、フィラデルフィア郊外で暮らす混血一家に生まれた少女が主人公。現実世界の人種やジェンダーの問題に揉まれながらも、決して自分を見失わず憧れの歌手ポーラ・アブドゥルのような女性になろうと奮闘する姿を追う物語。製作総指揮はナーナチカ・カーン(『フアン家のアメリカ開拓記』)、監督はフレッド・サヴェージ(『モダン・ファミリー』)が務める。

『What About Bob?』: 1991年のコメディ映画『おつむて・ん・て・ん・クリニック』のTVシリーズ化。オリジナル映画は様々な恐怖症を抱えた主人公が精神科の主治医にまとわりつき、やがて2人の立場が逆転していくというブラックコメディだったが、今回のTV版では主要キャラクターが女性に替わり、心療内科医が最も横柄な患者と縁を切ろうとするものの上手くいかず、さらにはいらいらさせる家族とまで関わってしまう、という展開を描く。脚本は『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』や『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』などを手掛けてきたジョー・ポートとジョー・ワイズマン。

(海外ドラマNAVI)