基準なんか忘れろ、今もじゅうぶんおもしろいぞ。UNTITLED BY KIKUNO

写真拡大

何に対しても、自分の基準とか、許容範囲とかってあるじゃないですか。

生きてきた年数や、経験、環境からくる、基準。

誰しも自分のなかに、自分だけのルールブックがなんとなーくある

たとえば単純なことでいうと、食べ物に対して。これは美味しいとか、これは食べられない、とか。服だったら、このタイプの服は自分に似合う、似合わない、とか。

もっと大きなことでいうと、人生の選択についてとか、物事の捉え方や見方。こういうことが得意だから、こっちの道を選択しよう、みたいな。

誰しも自分のなかに、自分だけのルールブックがなんとなーくあるわけじゃん。

ざっくりとしているけれど、その「基準」となる杭から半径何メートル以内が「許容範囲」で、それを越えることをみんな怖れていて、一歩踏み出すにはかなりの勇気がいる。

昔はよかった、とかよくいうけど、そこから「動けない」人にはなりたくないのね。

never young beachが歌う曲のなかに、「『昔はよかったよ』だなんて よかったことないね」って歌詞がある

もちろん、よかったこともたくさんあるよ、きっと。

大好きなnever young beachが歌う曲のなかに、「『昔はよかったよ』だなんて よかったことないね」って歌詞があるんだけど、感動した、はじめて聴いたとき。

まだ私にとって自分の「昔」は昔ってほど昔じゃないし、昔話をするその誰かさんのいた時代に生きたこともない。想像するしかない、ぼんやりとしか浮かばないその「昔」を基準にしてしまったら、「今」は生きられないじゃん。その「昔」はもう二度とないんだから。

私はまだ、昔と今を比べる基準というものができていない。

作らないようにしているのか、飽き性で自由奔放(良い言い方すぎ?)だから作れないのか、わからないけれど。

そもそも基準なんて、これから何年も先に作っていけたらいいものだと思う。たくさん仕事していっぱい恋愛して、失敗してたまに成功して。基準を設けて、それにずっと従って歩めば良い結果が生まれるとは限らないし。

とかいいつつ、自分がもっと大人になったとき、若者に「昔はこうだった、あぁだった」って言うんだろうな(笑)。

そのときは言ってやりたいね、基準なんか忘れろ、いまもじゅうぶんおもしろいぞって。

こちらも読まれています

・リアルすぎるドラマ『Girls』がイラストに。都会の女子って同じことで悩んでる

・アディダスのスーパースターが進化し続けてる。春はメタリックカラーとはずむソール

・リアルで居続けたいなら。Reebokのスニーカーで東京を歩く