「第9回恵比寿映像祭」開催中。テーマは「マルチプルな未来」

写真拡大

東京都写真美術館は「東京文化プログラム」の一環として、2017年2月10日(金)から2月26日(日)まで「第9回恵比寿映像祭 マルチプルな未来」を開催中だ。会場は東京都写真美術館をはじめ、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイスセンター広場、地域連携各所など。

同イベントは、展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行い、映像分野における創造活動の活性化と、映像表現やメディアの発展、継承という課題について問い直し、共有を目指すフェスティヴァル。第9回となる今回は、平成28年9月にリニューアル・オープンした東京都写真美術館の空間を活用して開催するほか、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイスセンター広場、地域連携各所が会場となる。

ガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノ
Gabriella MANGANO&Silvana MANGANO
《そこはそこにない》2015/シングルチャンネル・ヴィデオ/作家蔵
Courtesy of Anna Schwartz Gallery,Melbourne

東京都写真美術館では、2階ロビーに大型スクリーンを設置し、ガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノの映像作品「そこはそこにない」を展示する。そのほかにも、第69回ロカルノ映画祭 若手審査員・最優秀作品賞を受賞した映像制作集団空族・富田克也監督の「バンコクナイツ」や、新進映像作家長谷川億名のSFフィクション「日本零年」シリーズも上映される。入場無料だが、定員制のプログラム(上映、ライヴ、レクチャーなど)は有料となっている。

第9回恵比寿映像祭