中国国内には日系車をめぐるデマとして「ボディの鋼板が薄いため、安全性に劣る」と言うものが存在するが、中国メディアの今日頭条はこのほど、このデマの真偽について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国国内には日系車をめぐるデマとして「ボディの鋼板が薄いため、安全性に劣る」と言うものが存在するが、中国メディアの今日頭条はこのほど、このデマの真偽について考察する記事を掲載した。

 記事は、日系車の鋼板は薄いため、安全性でドイツ車に劣るといったデマは「かなり前から存在していた」と紹介する一方、この種のデマは「日系車の競合他社が吹聴したものかもしれない」と主張。

 また、中国のインターネット上では、日系車がトラックに突っ込まれ、大破している事故の写真とともに、その安全性に疑問を投げかける記事やネットユーザーの書き込みは数多く見られるとしながらも、「日系車以外の車だってトラックに突っ込まれれば同じ結果になるだろう」と指摘した。

 続けて、日系車の安全性について、「鋼板の厚さが数ミリ増したところで安全性能が劇的に向上するとは到底思えない」と指摘し、むしろ車の車重が重くなってしまい、燃費が悪くなるだけではないかと主張。

 さらに、米国の米国道路安全保険協会(IIHS)が発表している自動車の安全性能において、多くの日本車が最高評価であるトップセーフティピック+を獲得していることを指摘。「日本車が本当にボディの鋼板が薄くて安全性に劣るならば、IIHSの最高評価を得ることはできない」と伝え、そもそもボディの鋼板の厚さで自動車の安全性を論じている時点で間違っているのだと指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)