来場所からは4横綱体制となる(日本相撲協会HPより)

写真拡大

 19年ぶりに日本出身の新横綱が誕生したとあって、角界が盛り上がりを見せている。だが、稀勢の里が所属する田子ノ浦部屋は、他の部屋に出稽古に行くことはないし、よそから出稽古を受け入れることもない、異色の相撲部屋として知られている。

 所属力士たちも巡業などで他の部屋の人間と交わろうとしないが、それは先代・鳴戸親方(元横綱・隆の里)の教えを今も守っているからだ。しかし、横綱を出した部屋となると、他の部屋と交流しないわけにはいかなくなる。

 1月26日に明治神宮で行なわれた奉納土俵入りでは露払いとして同じ一門の二所ノ関部屋の松鳳山の手を借りた。その前日の綱打ち行事では、やはり一門の若手が大量動員された。

 田子ノ浦部屋には横綱と高安の他に三段目2人と序二段3人しかいないのだから、他の部屋の協力を仰ぐほかないのだ。場所入りすれば、昇進によって綱や化粧まわしなどの明け荷(竹で編んだ行李)が3つになるため、付け人も10人前後必要になるのが通例だ。この人手も一門に頼るしかない。

「つまり、これからはよその部屋との交流が密にならざるを得ない。これまでガチンコ部屋という“無菌室”で育ってきた力士たちが、いきなり外に出るようなものです。他の部屋に借りを作るなんてこれまでなかったわけですから、土俵の上にもどんな影響があるか、初めてのことなので本当にわかりません」(担当記者)

 ガチンコ部屋のままでいられるのかという問題だ。ただでさえ稀勢の里には、「モンゴル戦隊」による包囲網が形成されつつある。

 本誌・『週刊ポスト』が報じてきたように、モンゴル力士グループには部屋を超えた交流がある。前出の担当記者が続ける。

「一緒に食事に出かけるなど、出稽古での交流よりもよっぽど関係が深い。そのため土俵上でも、郷里の先輩相手には相手をケガさせるくらいの覚悟でぶつかることが難しいのではないかとみられてきた。とくに白鵬、日馬富士、鶴竜のモンゴル3横綱体制になってからは、3人のうち中盤戦までに取りこぼしがなかった横綱が優勝をさらうパターンが続き、モンゴル支配の様相が強くなっていた」

 それが4横綱体制となれば同じようには回らなくなるのは当然だ。

「これまでの安定した体制を維持したいという発想が生まれるのもまた自然なことです。若いモンゴル力士も含め、来場所は稀勢の里を潰そうとこぞって全力で向かっていくはず」(同前)

 特に稀勢の里の横綱昇進に際して「朝青龍が引退した後、一人横綱で燃えるものが少なかったが、その後2人横綱(日馬富士、鶴竜)が出てきて、眠っていたものがワッと出てきた。今回もそんな気持ちかな」と語った白鵬の入れ込みようは半端なものではないという。

 時津風一門の親方が語る。

「白鵬も立場としては追い込まれているんですよ。稀勢の里の横綱昇進によって悲願だった『日本国籍を取得しないままでの一代年寄取得』に暗雲が立ち込めている。これまでは3横綱といっても協会は白鵬人気に頼っている部分が大きかった。白鵬の土俵入りは本場所だけでなく、巡業や奉納相撲での華ですから。必然的に白鵬の悲願は無下に扱えない状況になっていた。そうした力関係が、大人気の日本人横綱が誕生したことで一変するわけです」

※週刊ポスト2017年2月17日号