LVR-SDR230F

写真拡大

 エレコムは、3.5インチの大型液晶タッチパネルを搭載したドライブレコーダー「LVR-SDR230F」を2月中旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万5800円前後の見込み。

 200万画素のCMOSセンサ、夜間や暗い場所でも鮮明な撮影が可能なF値2.0の明るいレンズを搭載し、水平110°、垂直62°、対角130°の広範囲で映像を記録できる。録画画質はフルHDに対応。ディスプレイは見やすく、タッチパネルで快適に操作できる。

 本体に内蔵するGセンサーが衝撃を検知すると、衝撃感知から遡って10秒間と、検知後15〜30秒間の映像をイベントファイルとして自動的に記録する機能を搭載する。また、マイクを内蔵し、事故前後の車内の様子や会話も記録できる。

 本体には、事故などの大きな衝撃で車のバッテリから電力が供給されない場合でも、内部で蓄積していた電力で事故などの映像を記録できる「スーパーキャパシタ」を搭載しており、コンデンサタイプなのでリチウムバッテリのように発火の危険性がないのでデータ消失の心配がなく、映像を確実に記録できる。

 車内への取り付けには両面テープまたは吸盤を使用し、12V/24V車どちらでも使える。対応メディアは、最大32GBのmicroSDHCカード(Class10以上)で、16GBのmicroSDカードが標準で付属する。また、交通事故時ドライブレコーダー買換補償金制度の対象製品に指定されている。

 法人向けに、アクセサリソケットに接続するだけで使用できる個人向けと同一仕様の「LVR-HDR230F」と、車両のバッテリに接続する電源直結モデル「LVR-HDR235F」も用意する。どちらも価格はオープンで、税別の実勢価格は2万5800円前後の見込み。