ミュージカル『魔女の宅急便』キキに上白石萌歌・トンボにジャニーズJr.阿部顕嵐が決定

写真拡大

 ミュージカル『魔女の宅急便』が2017年6月に上演されることが発表された。また、同時にキキ役に上白石萌歌、トンボ役に阿部顕嵐(ジャニーズJr.)が決定したことも発表された。

【関連:『魔女の宅急便』登場のペガサス劇中画モデル 中学生制作の版画のお話】

 『魔女の宅急便』は児童文学作家・角野栄子氏が1982年〜2009年の27年間に亘り執筆した全6巻の児童書が原作。1989年にスタジオジブリが宮崎駿監督でアニメ映画化したことで世代問わず広く知られるようになった。
そして1993年〜1996年には蜷川幸雄氏演出によりミュージカル化。2014年に実写映画化、そして2016年にはイギリス・ウェストエンドにて舞台化が行われている。そんな名監督、名演出家が手がけてきた作品に、今作では若手新進気鋭の制作チームが挑戦する。脚本演出は岸本功喜が担当、作曲は小島良太が担当する。

 キキ役に選ばれた上白石は16歳という自分とキキを重ね合わせ「独り立ちをする、という意味では今の自分に少し似ているような気がします」と語り、「舞台の上で一緒に成長していけたらいいなと思います!」とコメント。トンボ役の阿部は『魔女の宅急便』のファンだといい、トンボ役が決定した際には「嬉しすぎて両親にすぐ報告しました、まさか自分がやらせてもらえるなんて光栄です」とその喜びを述べている。

 ミュージカル『魔女の宅急便』は東京・大阪にて公演。東京公演は新国立劇場・中劇場にて、2017年6月1日(木)〜4日(日)まで6回公演を予定。大阪公演は梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて、2017年8月31日(木)〜9月3日(日)7回公演が予定されている。

(HideI)