IOCのバッハ会長をリオ五輪金メダリストが痛烈批判「辞任すべき」

ざっくり言うと

  • リオ五輪金メダリストのクリストフ・ハルティングがIOCのバッハ会長に言及
  • ロシアのドーピングスキャンダルの責任をとり、「辞任すべき」と批判した
  • 「組織の透明性、明瞭性、一貫性、持続性を求める改革が必要」と述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング