最新作は今夏公開 (C)2017 Universal Studios.
ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントによるヒットシリーズ「怪盗グルー」の特別映像が、長編アニメ「SING シング」と同時上映されることが決定した。

 「怪盗グルー」シリーズは、現在までに「怪盗グルーの月泥棒 3D」「怪盗グルーのミニオン危機一発」、スピンオフ作「ミニオンズ」が製作され、今夏には最新作「怪盗グルー最新作(仮題)」が日本公開予定だ。日本国内でも、「ミニオンズ」の興行収入が50億円を超えるなど人気を獲得している。

 一方の「SING シング」は、動物たちが人間のように暮らす世界を舞台に、動物たちが歌のオーディションに挑むさまを描く。フランク・シナトラ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーらによるヒットナンバーが65曲以上も使用されており、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートンらが個性的な動物に扮し、美声を披露している。

 同時上映される特別映像の詳細は明かされていないものの、怪盗グルーが、部下のミニオンたちに「SING シング」の魅力を説明するものになるとのこと。ハチャメチャな展開が売りの同シリーズだけに、どんなストーリーになるのか期待が高まるところだ。

 「SING シング」は、3月17日から全国公開。「怪盗グルー最新作(仮題)」は今夏全国公開。