Jリーガードラフト会議を戦った4人【写真:飯塚紗穂】

写真拡大

日本を代表するGKたちが勢ぞろい

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。今回は、元日本代表で現在解説者として活躍する福田正博氏と、"Jリーグのご意見番"こと平畠啓史、そしてお笑いコンビ・バンビーノの石山大輔をゲストに迎え、第一回Jリーガードラフト会議を開催した。プロ野球で毎年大きな注目を集めているドラフト会議を、Jリーグの選手を対象にシュミレーション。バンビーノ石山はMC小嶋真子と組み、計3チーム(平畠ユナイテッド、FC福田、アトレティコ・イシヤマコ)に分かれてJリーガーを奪い合った。指名選手が重なった場合は競合となり、くじ引きで獲得チームを決定する。※外国人枠は、Jリーグの規定に順ずる。

--

1位指名選手 ※GKのみ指名可能、所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
GK 林彰洋/サガン鳥栖 (平畠ユナイテッド)
GK 西川周作/浦和レッズ(FC福田とアトレティコ・イシヤマコが競合、抽選の結果アトレティコ・イシヤマコが獲得)

外れ1位指名
GK 中村航輔/柏レイソル(FC福田)

平畠啓史(以下、平畠)「(競合を)外そうとかではなくて、キーパーは林選手が好きなんです。やっぱり、背の高さ。GKって、相手FWからしてもこれちょっと入らへんなっていう存在感みたいなのって結構大事じゃないですか。林選手は本当にもう大きいし動けますし、だからそういう意味ではこのGK欲しいなと思ったので」

石山大輔(以下、石山)「DFだけは固めたいっていうね。前で遊びたいっていう気持ちがすごいという。これは真子ちゃんも、始めからGKは西川選手を選んでいました」

福田正博(以下、福田)「良いチームには良いGKがつきものですからね。良いGKがいないところには就任しないっていう監督もいるくらいですから。それぐらいGKは勝敗を大きく分けますからね。西川は今一番良いですよ。

―――― くじ引き抽選の結果、アトレティコ・イシヤマコが西川周作を獲得 ――――

小嶋真子(以下、小嶋)「これは大きいですね!」

福田「なんか、新年早々嫌だなあ(笑)。

(抽選で敗れた後に指名した、中村航輔については)まあこれからですね。将来性込みだし、オリンピックでもあれだけの働きをしましたから。代表に入れてもおかしくないですね。しっかりコメントもできますし」

クラブW杯でチームの躍進に貢献したあの選手が競合

2位指名選手 ※DFのみ指名可能、所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
DF 昌子源/鹿島アントラーズ(平畠ユナイテッドとアトレティコ・イシヤマコが競合、抽選の結果アトレティコ・イシヤマコが獲得)
DF 田中マルクス闘莉王/名古屋グランパス(FC福田)

外れ2位指名選手
DF 谷口彰悟/川崎フロンターレ(平畠ユナイテッド)

平畠「この前のクラブW杯見ても、やっぱりちょっと昌子選手は別格だなあっていう。あと、鹿島の選手って結構言葉数少ない選手が多いじゃないですか。その中でも、昌子選手って結構しゃべれるというか、関西の子やから人と触れ合うのも結構いけるから、うちに欲しいのよ」

石山「そうですよね、しかも年もまだ若いから、ここからどんどん上手くなっていく」

福田「(田中マルクス闘莉王について)闘将ですよ。何をやっても、コメント一つ取っても全部記事になりますからね」

平畠「スタジアムに観に行きたい選手ですもんね」

―――― くじ引き抽選の結果、アトレティコ・イシヤマコが昌子源を獲得 ――――

平畠「うわ〜!!(泣)これちょっとショックですね。昌子選手がいるかいないかで、全然話が変わってきます。参ったなあ〜。いや〜これ、参ったな……。昌子選手が取れる前程で、考えていたからなあ。

(抽選で敗れた後に指名した、谷口 彰悟について)うち(のチームのホームタウン)はどちらかというと住宅街なので、お客さんは奥様方が多いんですよ。だから、イケメンが欲しいというか。ファン・サポーターと触れ合うときなんかはやっぱり、奥様方も『谷口選手がいる!』ってなると思います」

「FKだけでもお金を払う意味がある」日本を代表するFKの名手が指名

3位指名選手 ※MFのみ指名可能、所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
MF 家長昭博/大宮アルディージャ(平畠ユナイテッド)
MF 中村俊輔/横浜F・マリノス(FC福田)
MF 中村憲剛/川崎フロンターレ(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「(家長昭博の)あのフェイス、めちゃめちゃ男前でしょ。それに加えて、プレー中も、バーンと当たられても動じない体幹の強さ。あれ、奥様方が『なんて頼りになる男やろな』って思うんですよ。この選手が一人いるだけで、この選手のチームになってしまう部分はあるかもしれないですけど、でもそれぐらいしても良い選手かなと思います」

福田「(家長昭博の)体幹の強さ、あれ日本の選手の中で一番だね。本田圭佑より上かもしれないね。

(中村俊輔について)お客さんは何を見に来るかといったら、FKを見に来ますよ。あれだけでお金払う意味ありますからね。これは本当に凄いですよ。華があるね。

(イシヤマコが中村憲剛を指名したことについて)僕も、憲剛いきたかったですよ。中央大学の後輩なんですよ。だからいきたかったんですけど、左利きが欲しかったんですよ……」

今季新天地で4度目の得点王を狙うあの選手が競合に

4位指名選手 ※MFのみ指名可能、所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
FW 田中順也/柏レイソル(平畠ユナイテッド)
FW 大久保嘉人/川崎フロンターレ(FC 福田、アトレティコ・イシヤマコが競合、抽選の結果FC福田が獲得)

外れ4位指名選手
FW レアンドロ/ヴィッセル神戸(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「まず(田中順也の)顔見たことありますか? めっちゃくちゃイケメンですよ。なおかつ左利きで、あの強烈なシュート。FWで左利きってちょっと魅力あるでしょ。ポルトガルでもやってたし、それぐらいやっぱり(プレーに)迫力もあって、なおかつイケメン」

福田「FWはチームの顔だからね。(大久保嘉人は)華あるし、点取るからなあ〜」

―――― くじ引き抽選の結果、FC福田が大久保嘉人を獲得 ――――

小嶋「なんだよ〜。駄目だったか……。」

石山「(抽選で敗れた後に指名した、レアンドロについて)外国人をまだお二方取っていないので、先に一枠、取らせて頂きました」

福田「(レアンドロは)いい選手、抜群。間違いない」

平畠Uはガンバ大阪の次世代を担うあの若手選手を指名

5位指名選手 ※5位指名からポジション指定なし、所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
MF 井手口陽介/ガンバ大阪(平畠ユナイテッド)
FW 小林悠/川崎フロンターレ(FC福田)
MF 齋藤学/横浜F・マリノス(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「(井手口陽介は)もちろんプレーヤーとしても良いじゃないですか。でもちょっと、このやんちゃな感じがあるでしょ。こういうね、やんちゃテイストをお客さんは欲するんですよ。実はですね、うち、(チームのホームタウンを仮想しながら)駅前にスナックとか何軒がありまして、そこのママとかが結構好きな選手なんですよ。色んな層を取り込むんです」

福田「(小林悠は)プレーに華があります。ピッチ外に華があるかといったら分からないですけどね(笑)。少し控えめな感じですけど、愛嬌はありますし、メディア対応もしっかりしてますよ。

(イシヤマコが齋藤学を指名したことについて)迷いましたよ、僕も。齋藤学か、小林悠でしたね」

イシヤマコは本職が守備的MFの選手をCBに配置

6位指名選手 ※所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
MF山口蛍/セレッソ大阪(平畠ユナイテッド)
MF 柴崎岳/鹿島アントラーズ(FC福田)
MF 阿部勇樹/浦和レッズ(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「(山口蛍について)プレーもいいでしょ? 顔もいいでしょ? もちろんプレーありきですよ。顔だけじゃないですよ」

福田「(FC福田は)まあどこを切ってもね、やっぱり華がないといけませんから。プレーにも華があるし、顔にも華があるし。東北出身なので、口が重いところがありますけど。でも本当に良い奴ですね。

(イシヤマコが阿部勇樹を指名したことについて)阿部は欲しかったんだよね〜。でも来ないと思ってたんだよ渋いから」

石山「阿部さんをDFで起用ですから。センターバックです」

「この選手が自分のチームにいたらと思った」バンビーノ石山が自身の対戦経験を語る

7位指名選手 ※所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
MF 三好康児/川崎フロンターレ(平畠ユナイテッド)
FW 柿谷曜一朗/セレッソ大阪(FC福田)
DF 徳永悠平/FC東京(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「(三好康児について)これは魅力あるでしょ。華のあるプレーができます。うち(のチームのファンは)ファミリー層が多いので、子どもはああいうプレー好きでしょ。これからのスターとしても、育てたいなと思っています」

福田「(三好康児について)体が小さいじゃないですか、それでもキュッキュッキュッキュとドリブルで相手を切り裂いていくようなね。あれは人気出るよね。

(柿谷曜一朗について)将来性とかじゃないんですよ。今、現時点で華のない選手はだめなんです。これから華になっていくんじゃ、我々のチームは遅いんですよ! 華のある選手を集めて、より大きな華にしていく、というのが我々のチームですから」

石山「(徳永悠平について)僕ね、同級生なんです。学校は違うんですけど、対戦したときに、「この人がチームメイトにいたら良い、めっちゃ上手いじゃん」って思った。それからずっと大好きなんですよ。ポテンシャルがすごいですよね。右も左も前も後ろも」

ミスターレッズが元チームメイトの「サッカー小僧」の魅力を語る

8位指名選手 ※所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
DF 植田直通/鹿島アントラーズ(平畠ユナイテッド)
MF 小野伸二/北海道コンサドーレ札幌(FC福田)
FW 興梠慎三/浦和レッズ(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「(平畠ユナイテッドのホームタウンに)ちょっと荒れている中学校がありまして。植田選手って、『お前らそんなこととしてていいのか』みたいなことを言って喝入れてくれそう。うち、谷口選手取ってるんですけど、二人とも熊本の大津高校なんですよ。だから、同じ高校出身のコンビでセンターバックを組むのも、良いかなと思って」

福田「(小野伸二は)スタジアムで見たい選手ですよね。良い選手ですよ、彼はサッカー小僧ですから。彼は18歳の時に浦和レッズに入ってきて一緒にやってますけど、本当に上手いです。右左両方器用に使いますしね。中村俊輔と一緒にやるんですよ。見たいでしょ?」

石山「(興梠慎三は)外国人と組んだとき、負けん気強く点を取ってくれそう。鹿島のときから外国人と上手くやっていましたからね」

FWを右SBに抜擢!?平畠Uの指名選手は?

9位指名選手 ※所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
FW 伊東純也/柏レイソル(平畠ユナイテッド)
DF 槙野智章/浦和レッズ(FC福田)
MF 柏木陽介/浦和レッズ(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「これは良い選手ですよ。これは本当に良い選手です! 最初、3バックのつもりが、(昌子源が取れなかったことで)4バックになってきたので、今回右サイドバックでやってもらおうと思ってます。しかも、彼はイケメンなんですよ。

(イシヤマコが指名した柏木陽介は)間違いなく良い選手ですからね。レフティーですし」

福田「槙野は華がありますよ」

代理人の方から「いつも推してもらってありがとう」と言われたことも

10位指名選手 ※所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム
DF 吉田豊/サガン鳥栖(平畠ユナイテッド)
DF 森重真人/FC東京(FC福田)
MF 今野泰幸/ガンバ大阪(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「(吉田豊は)本当に良い選手ですし、僕はFチャンのインタビューの中でも、吉田豊選手のことを良いように言っていたので、代理人の方から、『いつも推してもらってありがとうございます』と直接言われました(笑)。男が応援したくなる選手じゃないですか。(チームのコンセプトは)地域密着なので、男性層もおさえておかないと」

福田「ベストイレブンの時も、『入って良かったんじゃない?』って言ってたもんね。でも、荒々しさが、だんだん良い方の荒々しさになってきた。エスパルスにいたときはまだちょっとね」

平畠「今はだんだんと良い選手に仕上がっております。ありがとうございます」

福田「(森重真人について)闘莉王と組むので、スピードが必要なんです。ちょっとあまりにも高齢化しすぎなので、中澤(中澤裕二/横浜F・マリノス)というわけにはいかなかったですね(笑)。(森重真人はプレーに)華があります。

(イシヤマコが今野泰幸を指名したことについて)固いな〜! 本当に固いな、まじで(笑)。というかさ、申し訳ないけど、本当にポリバレントな選手ばかりだね。みんなどこのポジションでもいける」

石山「今野さんは、サイドで使います。あと、結構皆さん内向的なイメージがありますけど、今野さん一人いることでチームがおそらくすごく明るくなります、これは(笑)」

福田「DFラインすごいもんね。でも、地味だね〜(笑)」

石山「でも、ボール取れるでしょ! ボールが取れたら、あとはオフェンスが頑張るので」

福田「バランスもめっちゃくちゃ良いよ」

各チームの色が見えた最終指名

11位指名選手 ※所属は2016年シーズン。カッコ内は指名チーム

MF 関根貴大/浦和レッズ(平畠ユナイテッド)
DF 藤春廣輝/ガンバ大阪(FC福田)
FW ペドロ・ジュニオール/ヴィッセル神戸(アトレティコ・イシヤマコ)

平畠「関根選手って、レッズユースから上がってきた選手でしょ。だから、そういう地域に愛される選手っていうのを置いておきたいんですよ」

福田「左利きが欲しいんですよ! 俊輔だけじゃダメなんですよ。スピードがあるから、華があるじゃないですか」

チーム総評:平畠ユナイテッド

チーム総評:平畠ユナイテッド

 戦いっていうとね、勝ち点3か、勝ち点1か、勝ち点0しか無いわけですよね。いや、もちろん勝ち点も大事なんですけど、お客さんが負けても来てくれるか、ということが大事だと思うんですね。だから、そういう意味では、負けないですけども、もし仮に負けたとしても「また行こう」って思わせられるような良いメンバーが集まったかなと思います。

 これ、はっきり言わせて頂きますと、昌子選手が取れなかったことで(予定が)ガラッと崩れてしまったんですよね。だから、それがこのゲームの面白いところですよね。だから、明日やったらまた違うメンバーになるかなとも思いますけど、奥様方には喜んでもらえる自信があります! 

チーム総評:FC福田

チーム総評:FC福田

 今のJリーグに欠けてるのは、話題ですから。とにかく、話題の豊富なチームを作りたいので、そういう意味では現場でどういう結果が出るのかは分かりませんけど、誰にインタビューしても記事になるようなコメントをしてくれる選手を選びました。皆一級品ですよ。ただ、年齢的にはかなり高くなってしまっているので、シーズンを通して戦うのは厳しいかもしれません。だけど、こんなチームをどこかのチームが作ってくれれば良いな、という僕からのJリーグ全体に向けた提言です。

 現実的なことばかり見てしまっていて、それも重要なんだけど、バランスですよね。メディアとか色んな人に注目してもらえる、話題を提供できるようなチームと、勝つことのバランスを取ってチームを作ってもらいたいなと思うんですよ。これだと少しいきすぎなんですけど(笑)、そのあたりのバランスを取ってチームを作って欲しいなと思います。

チーム総評:アトレティコ・イシヤマコ

チーム総評:アトレティコ・イシヤマコ

 今の福田さんの意見と真反対で、勝つことだけにこだわったチームなんですけど(笑)、最初はこじまこちゃんが、低めでショートパスを繋げるような、齋藤学選手と、大前元紀選手、浅野拓磨選手のミニマムチームでやろうという話だったんです。

 ただ、西川選手と昌子選手を抽選で勝って取れた辺りから、欲が出すぎて(笑)、あんなに最初ミニマムチーム推していたのに、最終的には勝つチームになってしまったという。抽選が二連続で当たると思っていなくて、最初思っていたチームと変わってしまったということもあるので、正直、勝ったけど負けた、みたいなところは正直あります(どや顔で)。

text by 編集部