ハピネット(7552)、株主優待の内容を変更! 従来贈呈されている「カタログギフト」に加え、 500株以上保有株主に「こども商品券」を追加!

写真拡大

 株式会社ハピネットが、株主優待の内容を変更すると2017年2月9日に発表した。

 ハピネットの株主優待は、従来「100株(1単元)以上保有する株主に『株主優待カタログギフト』を贈呈(※保有株数に応じて、その中から選択できる商品数が変化)」というものだった。

 今後も基本的な内容に変更はないが、500株以上保有する株主には、追加で「こども商品券」が贈呈される。

「こども商品券」は、全国5000の加盟玩具店・百貨店やスーパーの玩具売場・こども服・ベビー用品売場での商品との交換及び、遊園地・水族館・動物園の入場券の購入などに使用可能な金券(利用方法・引換対象は施設により異なる)。

 この株主優待の変更は、2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ハピネットの株主優待制度の変更前と変更後

■(変更前)
基準日 保有株式数 株主優待内容
3月末 100株以上500株未満 株主優待カタログから1品選択
500株以上1000株未満 株主優待カタログから2品選択
1000株以上 株主優待カタログから3品選択 
■(変更後)
基準日 保有株式数 株主優待内容
3月 100株以上500株未満 株主優待カタログから1品選択
500株以上1000株未満 ◆株主優待カタログから2品選択
に加えて、
◆こども商品券2000円分
1000株以上 ◆株主優待カタログから3品選択
に加えて、
◆こども商品券5000円分
詳細 株主優待カタログの内容は、2017年3月に決定・開示予定。
※「こども商品券」は、株主優待カタログより商品を選択・申し込んだ
株主にのみ送付される。

ハピネットの株主優待の利回りはどうなる?

 ハピネットの変更後の株主優待は、2017年3月期の「株主優待カタログ」が2月現在開示されておらず利回りの換算が難しいが、今回の変更により新たにもらえる「こども商品券」の価値だけで利回りを算出すると、次のようになる(※2017年2月9日の終値1280円で試算)。

(500株保有の場合)
投資金額:500株×1280円=64万円
こども商品券:2000円相当
株主優待利回り=2000円÷64万円×100=0.31%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1280円=128万円
こども商品券:5000円相当
株主優待利回り=5000円÷128万円×100=0.39%

 ハピネットの株主優待は、「株主優待カタログ」(例年は、おもちゃやゲーム、DVDなどが掲載)と、今回追加された「こども商品券」。従来からのカタログギフトはそのままに、新たに「こども商品券」が追加されたため、株主優待利回りがアップする変更(改善)となった。

 なお、ハピネットは、独自の物流・販売支援・情報システムを活かし、玩具、映像音楽、ビデオゲーム、アミューズメントで大きなシェアを誇る総合商社。バンダイナムコグループの中核。2017年2月9日に発表した2017年3月期第3四半期決算では、売上高は前期比10.7%減、営業利益で同1.8%減、経常利益で4.9%減。妖怪ウォッチブームの落ち着きなどによって、目ぼしいヒット作を打ち出せなかったことが敗因か。

■ハピネット
業種コード市場権利確定月
卸売業7552東証1部3月
株価(終値)単元株数最低投資金額配当利回り
1280円100株12万8000円2.34%
【ハピネットの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2017年2月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。