【大阪オートメッセ2017】見逃せない歴史的名車が10台集結!

写真拡大 (全13枚)

貴重なヘリテージカーは必ずチェック

2017年2月10日から12日まで大阪府にあるインテックス大阪で大阪オートメッセが開催中だ。雑誌CARトップの50周年記念ブースには10台のヘリテージカーを持ち込んだ。なかでも注目したい3台をピックアップ。

‘産スカイライン2000GT-R(レース仕様)

1972年10月に開催された東京モーターショーで「2000GT-R レース仕様」として出展。参考出品車ということ以外、詳しい説明はなかった。ゼッケンの73は「73年のTS仕様をアピールしていた」と、当時話題となった。日産のワークスドライバー高橋国光さんと組み合わせられたポスターが有名。

▲泪張・コスモスポーツ

世界で初めて2ローターのロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツ。当時、日産がフェアレディ2000、トヨタが2000GTをリリースしたスポーツカーイヤーに、マツダが送り込んできたのがコスモスポーツ。68年のニュルブルクリンク84時間耐久レースで4位入賞を飾っている。コスモスポーツも誕生から50周年となる。

ダイハツ・フェローバギー

ダイハツ・ハイゼットのシャーシにFRPボディを被せたフェローバギー。遊園地にありそうな乗り物に見えるが、当時100台限定で発売され大きな話題を生んだ。大阪のメーカーらしく、話題性たっぷりの1台だった。

そのほかにも

ダットサン240Z(ラリー仕様)

トヨタ2000GT(タイムトライアル仕様)

トヨタソアラ2800GT

ホンダN360

ホンダNSX-R

三菱ランサーターボEX200(ラリー仕様)

スズキ・スズライト(レース仕様)

を展示している。ぜひとも足を運んで頂きたい。