評価されるリーダーの「言葉の選び方」

写真拡大

■評価されるリーダーの言葉遣い

世界の経営学において最も重要なテーマの一つが「リーダーシップ」です。旧来、「責任感」や「人間性」など抽象的な表現で語られてきた「リーダーシップ」ですが、近年の経営学では統計分析などの科学的な知見から、「2種類のリーダーシップ」という研究がコンセンサスを得ています。

その2種類のリーダーシップとは、「トランザクティブ・リーダーシップ」と、「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」です。前者は部下の意思を重んじ、取引のように部下とやり取りをするリーダー。対して後者は、目標を明確に掲げて部下のモチベーションを高め、その成長を促すリーダーです。

前者は部下に「アメとムチ」を与えてうまく使うタイプ。後者は啓蒙を重視する、カリスマタイプというとわかりやすいでしょうか。

そして、一般にトランスフォーメーショナル・リーダーのほうが、より組織の成果の向上につながるという研究成果が多く得られています。トランスフォーメーショナル型のリーダーは、特に不確実性の高い環境で企業の業績を高める、という結果もあります。

現在の日本を見ると、トランスフォーメーショナル・リーダーとして思い浮かぶ経営者といえば、ソフトバンクグループの孫正義社長、日本電産の永守重信社長がいます。彼らは創業経営者で、事業環境も安定していなかったからこそ、カリスマ性が求められました。

事業環境が安定しているときには、カリスマはむしろ業績を下げるという研究もあります。とはいえ、ビジネスを取り巻く環境は日々不確実性を増しています。日本でもトランスフォーメーショナル型のリーダーが重要性を増しているのは間違いないでしょう。

加えて、よく語られるリーダーの条件に、「優れたビジョンが示せること」があります。しかし、「優れたビジョン」とは漠然とした表現です。最新の経営学ではその曖昧な概念に対し、統計分析などの科学的な手法による知見が得られています。

たとえば、米メリーランド大学のロバート・バウムたちの研究です。バウムの研究では、優れたビジョンについて、6つの特性が指摘されています。それは、(1)簡潔であること、(2)明快であること、(3)ある程度抽象的であること、(4)チャレンジングなこと、(5)未来志向であること、(6)ぶれないこと。当然に思える要件もありますが、実際にこれらを兼ね揃えたビジョンを提示できている企業はそう多くないかもしれません。

さらにこの研究で重要なのが、「CEOと従業員の、ビジョンについてのコミュニケーションが高まるほど、企業の成長性も高まる」という結果です。では、どうすればコミュニケーションの質が高まるのか。この疑問は、近年の経営学の特に大きな研究テーマです。

なかでも、リーダーの「言葉の選び方」についての米パデュー大学のシンシア・エンリッヒたちの研究を取り上げたいと思います。

彼女の歴代のアメリカ大統領の演説を詳細に分析した研究によれば、リーダーの言葉は「イメージ型」と「コンセプト型」に分けられます。イメージ型とは光景や映像が浮かぶ、感性に訴える言葉。コンセプト型は、論理的な解釈に訴える言葉です。

たとえば、「働く」という言葉がコンセプト型なら、「汗をかく」はイメージ型です。統計分析の結果、イメージ型の言葉を多く使う大統領のほうが、カリスマ性が高く「偉大な大統領」と評価されているという結果が得られています。情景が浮かぶメタファー(比喩表現)、五感に訴える言葉を使えるかが、リーダーの資質に寄与するのです。

この点から見て、注目すべき人物は、たとえばリオ五輪サッカー男子日本代表監督の手倉森誠氏でしょうか。手倉森氏はダジャレ好きで、選手たちとのコミュニケーションでもイメージ型の言葉を使い、モチベーションを高めているそうです。そして、選手が結果を出せなくても信頼して起用し続け、五輪出場権を勝ち取りました。

----------

入山章栄
1996年慶應義塾大学卒業、98年同大学院修士課程修了。2008年米ピッツバーグ大学経営大学院博士号取得。13年より早稲田大学ビジネススクール准教授。
 

----------

(大高志帆=構成 奥谷 仁、的野弘路=撮影)