土方邦裕・愛知ドビー社長

写真拡大

■15カ月待ちの大ヒット商品を開発

ちょっとした調理好きなら、究極の無水調理ができる鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」をご存じだろう。無水調理とは、水を使わず、あるいはごく少量で、野菜や肉など素材の持つ水分を利用して調理する方法を指し、素材本来の味やうまみを引き出す。

素材の水分を利用するには焦げ付きにくい鍋の厚みと、蒸気を逃がさない重さと構造のふたが必要だ。そのため、密閉性の高いアルミやステンレス製の金属鍋や、重さのある鋳物ホーロー鍋が使われている。鋳物ではフランス製のル・クルーゼやストウブなどが有名だ。

2010年、日本でこの無水鍋の世界に突如、新星が現れ、瞬く間に大ヒット商品となった。それがバーミキュラである。これまで販売累計は20万個を突破、一時は15カ月待ちというほどの品薄となり、生産力を増強した今もオンラインショップ上では7カ月待ち、全国百貨店内の店舗(25店)や家電量販店でも3カ月以上の入荷待ちの状態だ。

バーミキュラは職人の手作業によって厚さ3ミリの鋳物鉄の鍋とふたを0.01ミリの精度で30度の円錐形状に加工し、高い密閉性を持つ。また、内面は新開発のグラスコートで耐久性も高い。鋳物ホーロー鍋をミリ単位で成形することは容易ではなく、鍋とふたの間に隙間ができやすいが、バーミキュラは後述するような開発努力で高い密閉性を実現した。

この大ヒット鍋を開発したのは、名古屋市に本社を置く愛知ドビーだ。1936(昭和11)年創業で、もともとはドビー織という織物を作る織機を製造していたが、繊維産業の衰退後は、産業用機械の部品を鋳造し加工する下請けとして生きてきた。

しかし、次第に注文が減る中、債務超過状態に陥った同社を3代目社長の土方邦裕(42歳)は、弟で副社長の智晴(39歳)と二人三脚で再建に乗り出した。その結果、バーミキュラを3年かけて生み出して、大ヒットさせ、愛知ドビーを成長軌道に乗せた。

2001年に邦裕が入社したときは売り上げ2億円、従業員20数名だった町工場が、今では売り上げ16億円(2015年度)と8倍になり、従業員は160人に増えた。売り上げ好調のため、人員を増強中で2017年3月には200人になり、2016年度の売り上げは50億〜60億円を見込むまでに成長している。

■遊んでもらった職人のために一念発起

社長の邦裕は東京理科大学を卒業後、豊田通商で為替ディーラーとして働いていた。だが、家業が危機に陥るのを黙って見ているわけにいかなかった。

「昔は工場の横に家があって、仕事が終わると職人たちにキャッチボールなどでよく遊んでもらったんです。みんな家族のようでした。その職人たちがだんだん減っていく。彼らのために何かできないかと思っていました。就職して4年目に外資系銀行から誘いがあり、転職も考えたのですが、父に相談すると、『うちも、もっとやっていけるかもしれないから、やらないか』と言われて、それじゃやろうかと入社しました」

ところが、2001年に入社してみると「やっていける」どころか、赤字で苦しい状況だった。トヨタ自動車の経理部門に就職していた弟の智晴に詳しく帳簿を調べてもらうと、債務超過状態だとわかった。何とか売り上げを増やさなければ倒産は確実だ。

邦裕は鋳造事業を立て直すために、まず現場で技術を学んだ。「汚れるし、暑いし、現場は好きじゃなかったけど、下働きするうちにもの作りの面白さが見えてきた」と言う邦裕は自社の技術力を活かすため、敢えて製造が難しい油圧部品を手がけて、顧客開拓に没頭した。

これが功を奏し、順調に売り上げが拡大。2007年には5億5000万円まで増えた。しかし、もう一つの柱である機械加工事業が黒字化できない。そこで、邦裕は智晴に「一緒にやらないか」と声をかけた。

「小さい頃は兄貴によくいじめられたので、またいじめられるのは嫌だと思いましたが、うれしくもありました(笑)。父や祖父や職人たちはうちのドビー機は世界一といつも言っており、私も誇りに思っていたので、その会社の元気がどんどんなくなっていくのが見ていられなかったのです。当初は外部からサポートしようと思っていましたが、誘われたことをきっかけに何とか立て直したいと思ったのです。入社してから一度も兄貴と喧嘩はしてませんよ(笑)。そんなことやっている暇もありませんでした」

と語る智晴の入社が愛知ドビーを大きく変えることになった。2007年、入社した智晴は機械加工事業の責任者として活動し始めたが、一方で現状のままではもう成長できないと感じていた。

「うちはBtoBでずっと仕事してきましたが、下請けでは親会社の意向に振り回されて限界がある。この技術を活用してBtoC、つまり最終ユーザーに自社製品を届けたいと思いました。ちょうどその頃からインターネットが普及し始めオンライン・ショッピングなら直接、お客さんとつながれる。いいものを作れば必ず買ってもらえると信じていました」

自社製品を開発しようという智晴の提案に邦裕も諸手を挙げて賛同した。それでは何を作るか。智晴は「世界一の鋳物ホーロー鍋を作れないか」と邦裕に言った。

「下請けはどんなにいいものを作っても褒めてもらえない。私は職人や工場長に自社製品を作ろうと呼びかけました。弟が言うには、鋳物ホーロー鍋はおいしく調理できるのに、ステンレスとアルミを貼り合わせた無水調理鍋が世界一だと言われている。それは、ル・クルーゼなど鋳物鍋の密閉性が悪いからだと。それで、金属と鋳物ホーロー鍋で食べ比べてみたんです。すると、鋳物の方がおいしい。それなら、うちの鋳造と精密加工技術を活かして世界にない鋳物ホーロー鍋ができるんじゃないかと盛り上がりました。しかも、当社の生産ラインでは鍋がちょうどいいサイズでした。そこで、職人にも手伝ってもらいながら、弟と私で開発を始めたのです」

■1万個を超す試作の山の末に

だが、その開発は困難を極めた。

「当初は3カ月で作れると思っていましたが、結局3年かかりました。でも、必ずできると思っていたので、途中でやめる気はなかったですね」と邦裕は言う。

最大の難関は鋳物にホーローを焼き付ける技術だった。ガラス質の釉薬を吹き付けて焼くホーロー加工は、約800度で焼成するが、740度付近で鋳物内の炭素が気化し、表面が泡状になってしまう。当時、鋳物のホーロー加工技術はフランスの数社が持っていただけなので、自社開発するしかなかった。

ホーローメーカーと協力しながら釉薬に改良を加え、1年かけて、ある成分を添加することで、ようやく完成した。

また、3ミリという肉厚で、取っ手などの複雑な形を精密に成形することも大変だった。鋳鉄の成分や流し込み方を試行錯誤し、精度を上げていった。さらに、ホーロー加工時に800度で焼成すると、熱でゆがみが発生するので、強度の高さも必要だった。

邦裕によれば、通常、鋳鉄の組成は鉄、炭素、ケイ素など7元素からなるが、最適な成分構成を求めて、13元素を微量単位で変化させながら試作を繰り返した。試作は1万点を超え、山のように積み上がった。周囲からは「いつまでがんばってもできるわけないよ」とあきれられたという。だが少しずつ改良し、不良率も大幅に低下していった。

こうして、2009年11月頃には商品として完成した。バーミキュラという名前は鋳鉄の材料であり、熱伝導率が高く強度もある「コンパクテッド・バーミキュラ」に由来する。

開発中から土方兄弟は売り方も考えていた。問屋に依存するような売り方はせず、自分たちで売ると決めていた。そのためにブランディング戦略も考えた。名称もその一つである。

「この小さな会社の商品を認知してもらうには宣伝ではなく、誰かに評価してもらうことが先決だと考えました。そこで、市販を始める前に有名な料理評論家やブロガーに送って使ってもらうことにしたのです」と智晴。

この戦略が当たり、評論家の評判がSNSで広がった。レシピ本も自社制作し、バーミキュラの使い方も広めた。ハードを売る前にソフトを売ったのである。その結果、2011年2月の発売前から予約が殺到し、その評判を聞きつけたメディアが報道して、さらに人気を呼んだ。

当初は生産ラインの一部を使って、月産50個ほどの体制で作っていたために、たちまち注文が積み上がり、納品まで15カ月待ちという状態になった。その後、生産ラインを増強、月産3000〜4000個に引き上げ、現在は5000個になったが、それでも追いつかない。さらに1万個体制の準備中で、将来的には2万個まで増強したいという。

■究極の炊飯器に予約が殺到した

バーミキュラ発売後、3〜4年経つと、ユーザーの間で「野菜だけでなく、ご飯がおいしく炊ける」と評判が立つようになった。そこで、土方兄弟は家電メーカーの高級電気炊飯器を取り寄せて、バーミキュラで炊いたご飯と比較するブラインドテストを行った。すると全員がバーミキュラに軍配を上げた。

「バーミキュラの力を引き出すのにご飯が最適であることはわかっていたのです。電気炊飯器は保温機能のためにふたも温めないといけませんが、実はこれがご飯の味を落としているのです。かまど炊きのご飯がおいしいのは、釜のふたが外気で冷やされ、釜下部と大きな温度差が生まれて、激しい熱対流が起き、米がむらなく炊き上がるからなのです。それならば、保温用のふたをなくして究極の炊飯器を作ろうということになりました」と智晴は言う。

こうして、バーミキュラを炊飯のために進化させるプロジェクトが始まった。炊飯に限らず、バーミキュラの性能を最大限、引き出す熱源や加熱の仕方は何か。そこから開発は始まった。炎が鍋を包むかまどのような加熱方法を実現するため、底面にハイパワーのヒーターを置き、側面もヒーターで覆い、底面のヒートセンサーが火加減を調整する構造にした。

上部はバーミキュラのふたがむき出しで、保温用のふたはなく、加熱時は本体からわずかにふたが浮き上がり蒸気を逃がす仕組みになっている。加熱終了後は、下部にあるファンが回り、鍋を一気に冷やすため、理想的な蒸らしが可能となる。

3年をかけてこの「バーミキュラ ライスポット」は完成し、2016年11月1日からオンラインショップで先行予約を開始。12月1日から発売された。税別7万9800円という価格にも関わらず、たちまち予約注文が殺到、12月半ばで受注が1万5000台を突破した。年間で出荷6万台を予定している。

ライスポットは実は炊飯専用ではなく、バーミキュラで可能な調理が全てできるだけでなく、バーミキュラにはない機能も持っている。30〜95度まで1度刻みで温度設定ができるので、低温調理やレシピ通りの調理が自動的にできるのだ。

「誰でも専門店並みのローストビーフが必ず作れます。残ったご飯をそのままチャーハンにできるし、おいしいと評判です。自分で好きなように調理できる道具にしたかったのです。10年間はモデルチェンジしなくても売れ続けるような完成度の高いロングセラー製品を作っていきたいですね」と智晴。

実はこのライスポットは欧米市場を狙った戦略商品でもある。鋳物ホーロー鍋の本場、ヨーロッパではバーミキュラはル・クルーゼやストウブなどとの比較になってしまう。大量生産なのでEU域内ではこれらはバーミキュラのほぼ半額で売られている。これではいくらバーミキュラの性能がよくても売りづらい。そこで、鋳物ホーロー鍋と競合しないライスポットを投入しようというわけだ。いまのところ、2018年から欧米に進出予定だ。

「私たちはメイドインジャパンのもの作り企業として世界で勝負したい。中小企業でも誇りを持って従業員が働いている。いいものを作れば必ず売れます」と邦裕は力強く語る。

愛知ドビーは日本の中小企業の底力と意地を改めて私たちに教えてくれる。

(文中敬称略)

----------

愛知ドビー株式会社
●代表者:土方邦裕
●創業:1936年
●業種:産業機械部品などの鋳造および機械加工、鋳物ホーロー鍋などの製造・販売
●従業員:160名
●年商:16億円(2015年度)
●本社:愛知県名古屋市
●ホームページ:http://www.a-dobby.co.jp/

----------

(ジャーナリスト 吉村克己=文 澁谷高晴=撮影)