シナモン(中段左から2番目)ら“猫スター”が登場 (C)2017 Hit-Point/「映画ねこあつめ」製作委員会

写真拡大

 累計1900万ダウンロードを突破したゲームアプリを伊藤淳史主演で実写映画化する「ねこあつめの家」の“メインキャット”が、このほど発表された。CHOYA梅酒「うめほのり」CMなどで知られるシナモンが、ちゃはちさん役を演じ、映画・ドラマでキャリアを積んだ名バイプレイヤーが共演する。

 2014年10月にリリースされ、アメリカのニュース専門放送局「CNN」で取り上げられるほどの人気を博した同ゲームを、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」で知られる蔵方政俊監督が映画化。スランプに陥った小説家の勝(伊藤)が、1匹の猫との出会いをきっかけに、田舎の古民家で「ねこあつめ」する姿を映し出す。

 撮影中の猫たちは自然体の名演技を見せており、その美しい毛並みと無垢な視線がスタッフのみならず主演・伊藤、ヒロイン・忽那汐里らを魅了したという。今回発表されたのはシナモンを含め、りんご、りの、ゆず、がんも、ひげ、ソフト、ベーコン、きゃりー、スイッチ、ドロップ、キャベツの12匹だが、ほかにも“スター猫”が続々と登場。映画鑑賞中に、推し猫を見つけるのも一興だ。

 「ねこあつめの家」は、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子が出演。4月8日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。