彼と意気投合して「じゃあ一緒に住もうよ!」なんて期待感に胸を膨らませていたりしませんか? 同棲はカップルとしても大きな進展、でも喜んでばかりもいられません。一緒に暮らしてみることで、現実的な問題がいろいろ浮き彫りになってくることもあります。その最たるものが“お金”のあれこれ。

お金にまつわる7つの問いかけ

そこで今回は同棲前にカップルで話し合っておきたい、お金にまつわる7つの問いかけをご紹介します。好きな人と別れる理由がお金なんて、寂しすぎる! だからこそしっかり事前に話し合っておいて欲しいのです。

1: 「これってどっちの?」物の所有者をはっきりさせておく

もしお互いひとり暮らしだったふたりが一緒に住むようになったのなら、共有できるものがたくさんあるはず。家電・家具類などそれぞれが持ち込んでもスペースをとるだけなので、処分したり実家に引きとってもらう物も出てくるでしょう。でもそうやっているうちに、なにがどちらの物だかわからなくなり、あとでトラブルの原因にも。そうならないためにも、どちらがなにを所有しているのか、高額なものほどはっきりさせておくとよいでしょう。

2: もし別れたら、どうする?

誰だって、これから一緒に暮らそうというときに“別れ”のことなど考えたくないもの。しかし「絶対ふたりが別れない」という保証はどこにもありません。賃貸の契約・生活費の分担など、同棲を終了する場合にどんなふうに対応していくべきか、始めに話し合っておくほうが、泥沼の争いを避けることにもつながります。

3: 共用口座を持つ? 完全に別々の口座でやりくりする?

家賃・光熱費・食費といったコストをどのようにふたりで分担していくか、はっきりさせる必要があります。共用口座を持つのか、あるいは完全に別々にやりくりしていくのか、お金のマネジメントについても話し合っておきましょう。

4: もしどちらかが失業したり、働けなくなったとき……どうする?

いつも物事が順調にいくとは限りません。どちらかが失業したり、働けなくなったりする事態もやってくるかもしれません。そんなとき当座の生活費はどうするのか、もしものときに備えてふたりで貯金していくべきなのか――具体的に考えておきましょう。

5: どんなことにお金を費やす価値があると思う?

お金に対する価値観をはっきりさせておくことも、将来のケンカやミスマッチを防ぐために効果的です。一生懸命働いて稼いだお金を、どんなことに思い切って使いたいと思いますか?

・ いつかふたりでマイホームに住むことを夢見て、お金をコツコツ貯めたい
・ 年に一度は海外旅行で、パーッと羽を伸ばしたい
・ 数年以内に独立起業を目指しているので、起業資金を貯めたい
・ 一生に一度の晴れ舞台、結婚式に向けてなにがなんでも節約しておきたい

いろんな意見があるはず。どんなことにお金を使う価値を見いだせるかというビジョンを共有しておくことは、ふたりが長期的に一緒に仲良くやっていくためには意味のあることです。

6: 浪費グセや借金体質……お金にまつわる悪習慣はある?

一緒に住むのだから、もはやキレイことばかり言っている関係ではすごせません。もちろん、お金のことに関しても同じ。ボーナスが出るたびに衝動買いしてしまう、いつも支出が収入を上回ってしまう、クレジットカードを何枚も持っていて使いすぎてしまう……そんなお金にまつわる悪習慣はお互い素直に白状し、相手にストップをかけてもらいましょう。どちらかがお金にだらしないと結局、ふたりの関係も長続きしません。そんな悪習慣をやめさせ、お金のトラブルを未然に防ぐことも大切なことです。

7: 将来どんなふうになっていきたいと思っている?

ふたりが同棲するくらい仲がいいのなら、将来の長期的な展望についてきっちり話し合っておいたほうがよいでしょう。

・ 結婚を視野に入れているのか
・ ふたりでマイホームを購入する意思はあるのか
・ 今後もまったくお財布は別々にするのか、それとも生活費をいれる口座を作っておくのか
・ 〇年後に△△円貯金するという目標があるのか

もはや単なる恋人同士だけでなく、“パートナー”としてお互いの人生と生活に深く関わりあうのですから、未来予想図がまったく違うものにならないためにもしっかり意思確認しておくことが大切です。