映画『光』より
 - (C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

写真拡大

 カンヌ国際映画祭など海外での評価も高い河瀬直美監督が、弱視のカメラマンを主人公にしたラブストーリー『光』の公開日が5月27日に決定した。本作は、日々迷いながら生きて来たヒロイン・美佐子(水崎綾女)がやがて視力を失う運命にある天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)に惹かれていくのと同時に、映画の音声ガイド制作に携わっていく物語で、河瀬監督と永瀬は『あん』(2015)に続き2度目のタッグを組む。

 本作には舞台からテレビドラマまで幅広く活躍中の神野三鈴、白川和子のほか劇中映画の主演俳優&監督役で藤竜也も出演。とりわけ白川&藤は新人時代の永瀬に影響を与えた先輩だそうで、永瀬は「この映画で、自分の原点に立ち返った気がする。俳優になりたての自分に、演技のいろはを教えてくれた、光(道標)のような存在」と2人との再会を喜んでいる。

 今回、公開日決定に合わせお披露目となったビジュアルは、ヒロイン・美佐子が視力を失っていく雅哉に対して「あなたに見つめられていたい」と願う切ない願いを込めたもの。2人の愛の行方、そして映画の音声ガイドという題材をいかにして描くのか、河瀬監督ならではの視点に期待したい。(編集部・石井百合子)

映画『光』は5月27日より新宿バルト9ほか全国公開