ずっと若く見えるように

写真拡大

数か月前女性にも絶大な人気を誇る某女優さんが「アンチエイジングなんて大嫌い! 私は中年の星でいい。」と発言されて話題になっていました。

しかし、大抵の人は年齢よりも若く見えると嬉しいと感じるでしょうし、逆に老けて見られると落ち込んでしまうかもしれませんね。

痛々しいと周囲から思われるほどの若さの追求はおすすめできることではありませんが、毎日の生活の中で心がけて見た目年齢を引き下げる効果のあることに取り組むのはいいことなのではないでしょうか。

そこで、今回は見た目年齢を若くする効果があるといわれている生活習慣についてご紹介したいと思います。

全部日常で気を付けられること

1 笑顔が多いとアンチエイジング効果は抜群!

「笑う門には福来たる」という言葉がありますが、笑顔が多いと見た目年齢も含めたアンチエイジングに関して嬉しいことがたくさんあることがわかっています。

まず、笑顔が多いと表情筋を鍛えることにつながり、顔のたるみの予防・改善に効果があります。微笑みを絶やさずに常に口角を上げておくことも同様におすすめです。

このほか、よく笑うことは免疫力を高める効果や血糖値の上昇を抑える効果があることも様々な研究の結果明らかになっているようです。

明日の健康とキレイのためにできるだけ笑顔でいることを心がけたいですね。

2 歯磨きも多い方がいい?

多いのがいいのは、笑顔だけではありません。歯磨きもまた多い方が見た目年齢を若くするというデータがあるようです。一日三度食後の歯磨きを習慣にし、定期的に歯科医院に通って歯や歯茎のメンテナンスをしっかりと行なっておくことが大切です。

たったこれだけ? 3つめはコレ

3 噛む回数は30回

また、噛む回数が多いことも見た目年齢を若く保つのに効果があるといわれています。よく噛むことは笑顔のように表情筋を鍛えることにもつながりますし、食べ物を細かく咀嚼することにつながるので胃腸への負担を軽減する効果があります。

たるみと胃腸は一見無関係のようにも思えますが、実は密接な関係があるといわれています。中医学ではたるみは胃腸の弱さを表し、胃腸を強化するひとつの手段としてよく噛んで食べることがあげられています。見た目年齢を引き上げるほうれい線もたるみが原因となっているので、胃腸の強化は常に心がけたいところです。そのため一口あたり30回を目標によく噛んで食べることを心がけましょう。

アンチエイジングというと、何か新しいことを始めなければいけないという気持ちになるかもしるかもしれませんが、身近な生活習慣を見直してそれをコツコツと毎日続けていくことで嬉しい効果に結びつくことが多々あります。今回ご紹介したことはどれもすぐに実践できるものばかりです。さあ、今日から早速笑顔と歯磨き、よく噛んで食べることを心がけてはいかがでしょうか。