動画・ビデオを撮る際、気になるのがiPhoneの空き容量です。

なるべく長く撮りたい・容量を節約しながら撮りたいときにオススメの設定があります。

容量を抑えながら動画を撮るには

撮影する動画の「解像度」と「fps」を低くしましょう。解像度は映像のサイズ、fpsは1秒あたりのコマ数を示します。

映像のサイズが大きい=解像度が高い場合、そしてfpsが高い場合、容量は大きくなります。解像度・fpsが高いと、その分だけ記録するデータが増えるからです。

したがって、解像度とfpsを低く設定することが容量の節約に繋がります。

ただし解像度が低いと、大画面で引き伸ばして再生する際の画質は悪くなるので、再生する環境に応じて解像度を選びましょう。

動画の解像度・fpsを設定する方法

設定アプリの【写真とカメラ】を開き、通常の動画を撮る場合は【ビデオ撮影】を、スローモーション動画を撮る場合は【スローモーション撮影】をタップします。


「◯◯◯/◯◯◯ fps」の◯に当てはまる部分の数値が低いものを選びましょう。


たとえば【1080p HD/30 fps】と【720p HD/30 fps】なら、使う容量がより少ないのは後者です。さらに【1080p HD/60 fps】と【1080p HD/30 fps】なら後者になります。

動画1分あたりの容量

1080p HD/30 fpsで動画を1分間撮るとおよそ130MB、720p HD/30 fpsならおよそ半分の60MBです。720p HD/30 fpsなら、単純計算で2倍は動画が撮れることになります。

より解像度の高い4Kの場合は1分間で350MBにもなるので、容量に余裕があるときか、ここぞというときに限って使うようにしましょう。

なお、これらの数値は指標です。撮影方法や被写体などによって容量は変化します。