ドコモは9日、Wi-Fiホームルーター「ドコモ光ルーター 01」を15日に発売することを発表した。「ドコモ光」のインターネット接続設定やWi-Fi設定などに関して遠隔からのサポートサービスが受けられる「遠隔設定ボタン」があるのが特徴。

 遠隔サポートサービスは、専門のオペレーターが「遠隔設定ボタン」を利用してルーターの設定を顧客に代わって行うサービス。利用にあたっては、別途、光リモートサポート(月額500円、税別)の契約が必要。

 これまでのルーターは、サポートを受けた顧客自身がパソコンなどを操作してインターネット接続設定をしなければならなかった。新しい遠隔サポートは、同社の光リモートサポートセンターに電話をし、「遠隔設定ボタン」を押すことで簡単に受けられる。

 また、対象ルーターで「ドコモ光」を利用するとルーターとルーターに接続する機器をインターネットのさまざまな脅威から守る「光ルーターセキュリティ」サービスも提供される。これにより、ルーター、パソコン、スマートフォンやテレビやWEBカメラなどを安心して利用できるようになる。

 対象ルーターを介してインターネットを利用する子どもが有害サイトなどへアクセスするのをブロックするペアレンタルコントロール機能も搭載。利用料金は月額350円(税別)。

 主な仕様は、最大通信速度が867Mbps、有線LANのポート数が3、対応規格がIEEE 802.3ab(1000BASE-T)、IEEE 802.3u(100BASE-TX)、IEEE 802.3(10BASE-T)、無線LANの対応規格がIEEE802.11ac、IEEE802.11n、IEEE802.11a、IEEE802.11g、IEEE802.11b、)同時接続数が10(推奨)。サイズ(mm)は33(W)×97(D)×146(H)。重さが約224g(スタンドを含む)。