世界的にファンの多い日本のマンガ作品の中でも、特に多くの人から愛されているのが「ドラえもん」だろう。全45巻あるマンガ単行本作品のなかには数多くの野球シーンが出てくるが、このほど台湾の熱烈な「ドラえもんファン」たちが野球シーンにまつわるある話で盛り上がった。(イメージ写真提供:(C)Danielle M.Y. HONG/123RF)

写真拡大

 世界的にファンの多い日本のマンガ作品の中でも、特に多くの人から愛されているのが「ドラえもん」だろう。全45巻あるマンガ単行本作品のなかには数多くの野球シーンが出てくるが、このほど台湾の熱烈な「ドラえもんファン」たちが野球シーンにまつわるある話で盛り上がった。

 台湾メディア・東森新聞雲は8日、台湾のネット上で「打率.010ののび太は、野球の試合で一体何本のヒットを放ったのか」が話題にのぼり、あるユーザーが「22安打」との回答を導き出したとする記事を掲載した。記事は、台湾のネット質問掲示板PTTで6日、「毎回打線を切るのび太だが、たまに道具の力でヒットを打つ。何本ヒットを打ったことがあるのか」という疑問が書き込まれたと紹介した。

 そして、この質問に対して「ドラ王」を名乗るユーザーが8日、掲示板に分析結果を披露したことを伝えている。「ドラ王」はまず、ある話の中でのび太の打率がたった「.010」(0割1分、100回中1回しかヒットを打たない)であるとのデータが出ていること、大概の場面で三振していることを紹介したうえで、「正式な試合では12本ヒットを打っている。このほか、非公式あるいは記録に残らないヒットが6本ほどある。さらに、夢の中など非現実の世界で4本打っている。すなわち、原作マンガでのび太が放ったヒットは22本」との結論を下した。

 記事はまた、「ドラ王」がのび太の打撃成績について、ヒット以外にも四球で2度、死球で1度出塁したことがあると説明したことも紹介している。

 野球ネタで盛り上がるのは、日本同様野球が大衆スポーツとして親しまれている台湾らしい傾向だ。実にくだらない、どうでもいい話であるうえ、出された結論に対する正解が存在するわけでもない。しかし、そこからは台湾人ファンのドラえもんに対する並々ならぬ愛を感じることもできるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Danielle M.Y. HONG/123RF)