写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優のジョニー・デップの娘リリー=ローズ・メロディ・デップが映画初主演を務めた『Yoga Hosers』(原題)が、『コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜』の邦題で7月1日より日本公開されることがこのほど、明らかになった。

ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘リリーが演じるのは、やる気のないコンビニバイト店員コリーン・コレット。親友で同じコンビニでバイトするコリーン・マッケンジーを、『チェイシング・エイミー』や『ドグマ』などで知られる本作の監督ケヴィン・スミスの娘、ハーレイ・クイン・スミスが務める。ジョニー・デップの出演もあり、『Mr.タスク』以来の父娘共演を果たす。

リリー演じるコリーン・コレットとハーレイ演じるコリーン・マッケンジーは、授業もバイトもやる気がないが、ヨガだけは好きな女子高生(JK)。ある日2人は、店長不在のバイト先のコンビニで学校のモテ男子とパーティを行おうとするが、誤って地下に眠っていた邪悪なミニナチ軍団を呼び起こしてしまう。長い眠りから覚めたミニナチ軍団は巨大な怪物を解放し、世界侵略へと動き出す。彼らを止めるべく、2人は地球の命運をかけて壮大なバトルを繰り広げる。

(C)2015 YOGA HOSERS, LLC All Rights Reserved.