「亀の井別荘」を象徴する宿泊棟入口の門

写真拡大

 大分県の由布院温泉を現在のような国内屈指の人気温泉地にした立役者が、地元の旅館経営者、亀の井別荘・中谷健太郎氏、由布院玉の湯・溝口薫平氏、山のホテル夢想園・志手康二氏の3人だ。40年以上続く企画で、各メディアで報道される「辻馬車」「湯布院映画祭」「ゆふいん音楽祭」を始めたのもこの人たちだった。

 残念ながら志手氏は51歳の若さで亡くなったが、中谷氏と溝口氏は共に由布院温泉観光協会会長を務め、農村の風景が残る由布院の環境保全にも取り組んできた。大分県を代表する文化人として各地で講演も行う2人に取材し、「由布院らしさ」の本質を考えてみた。

●「由布院温泉発展策」と「欧州視察」

――2016年4月の熊本地震から9カ月、由布院の観光客も戻りつつあるといわれますが、現在どんな思いでいますか。

中谷健太郎氏(以下、中谷) 「お客さまが戻ってきた」といわれますが、戻ってこられたのは、ここ10年以内の客層です。特に韓国・中国などインバウンド(訪日外国人)の方が中心で、たとえば1991年にJR由布院駅舎(磯崎新氏設計)の竣工当時に由布院に来られた客層は十分に戻ってきていません。さらにいえば、我々が由布院の町づくりに取り組んだ40〜50年前の客層もそうです。

 90年前の祖父の世代に来た客層は、著名人では犬養毅、北原白秋、与謝野晶子などがいました。90年前まで遡った理由は、由布院には、その頃から脈々と受け継がれる町づくりの骨格となった先人の教えがあるからです。日本で最初の林学者と呼ばれた本多静六博士(明治神宮や日比谷公園などの設計者)が1924年10月に当地で語った講演をまとめた「由布院温泉発展策」です。それには「ドイツのバーデンバーデンに学べ」「町中が公園のようであればいい」「地場の産物を研究開発する」といった多くの提言がされています。爺さまの世代が感動して記録に残したのです。

――そうした教えが1971年、当時30代だった中谷さん、溝口さん、志手さんの旅館主人3人による自腹での欧州視察旅行、その前後に取り組んだ環境保全活動にもつながったのですね。

溝口薫平氏(以下、溝口) 本多博士の「発展策」も参考に、由布院に残された自然や古い町並み、お寺、盆踊りといった自慢探しを始めたのです。大型開発にも反対し続け、「あの3人さえいなければ町は静かなのに」と言われながらも賛同者は徐々に増えました。

 欧州視察で最も感銘を受けたのは、ドイツの田舎町・バーデンバイラーのホテルの主人で町会議員だったグラテボル氏の言葉「町に大事なのは『静けさ』と『緑』と『空間』。私たちは、この3つを大切に守ってきた」ですが、最初に力説された言葉も忘れられません。

「君たちは町づくりを始めたばかりだが、町にとって何ができるのだ。君は? 君は? そして君は?」と、私たち3人を順番に指さして詰問調で問いかけられました。みんな顔を真っ赤にして答えられないでいると、「町づくりには企画力のある人、調整能力のある人、伝道力のある人の3人が必要だ」とアドバイスしてくださった。この言葉を参考に、その後は企画者・中谷、調整者・溝口、伝道者・志手という役割分担で活動しました。

●由布院を支えてくれる「地者と他所者」

――1975年の大分県中部地震で、由布院が風評被害を受けたのを逆手にとって、現在に続く辻馬車や映画祭、音楽祭、牛喰い絶叫大会などが始まりました。めざしたのは、「いらっしゃい、いらっしゃいの『宣伝』でなく、由布院はこんな町ですという『表現』だった」と聞きました。

溝口 「由布院は健在だ」ということを発信するには話題づくりが必要、それも単発ではなく連続して行おうと、さまざまなイベントを実施しました。たとえば辻馬車は長崎県に行き、対州馬を観光協会や中谷さん、私などが各1頭、計5頭購入し、各自で調教したのです。

 メディアの力も大きく、辻馬車を走らせるまでの悪戦苦闘を九州朝日放送(KBC)がドキュメンタリー番組として全九州に報道してくれました。その後も毎年、辻馬車運行が始まる日にニュース番組で報道されるようになり、目的を果たせました。

 最初の2年間は、当時由布院温泉観光協会会長だった私も辻馬車の御者をしました。御者をしながら、乗車したお客さまに由布院について伺うと、宿泊や料理の感想を本音で話してくださいました。さりげなく宿泊された旅館や飲食店の名前も聞き出し、おほめの言葉や苦情の声を各施設に伝えて由布院全体の質向上に努めました。

中谷 1975年の大分県中部地震、2016年の熊本地震という2度の大地震後も由布院を支えてくださる方がいます。昔からのお得意さまで由布院にゆっくり滞在し、周辺を散策してくださる方、この土地を気に入って何度も来られる方、なかには転入して町づくりに関わる人もいます。親戚の延長という意味で「ゆふいん親類クラブ」という活動もしましたが、「地者(じもの)」も「他所者(よそもの)」も一体化しつつあります。

 ただ、町づくりの視点で弱いのは、散歩空間としての散策道路が少ないこと。これは本多博士の「発展策」にもあった提言ですが、民間の力ではできないので行政の責任です。近くの日出生台演習場を米軍や自衛隊が使うのに合わせて、行政が周辺の道路を整備したことはありますが、人が歩いて「いいなあ」と思う散策道路が少ないのは残念です。

●「由布院が由布院であり続けるため」に大切なこと

――十数年前の最初の取材時に、中谷さんが話された「由布院は女性的な町なので、他からお婿さん(外部の人や業者)が来るのは大歓迎。でも由布院には『由布院温泉発展策』や『潤いのある町づくり条例』など家訓のようなものがあるので、それは守っていただきたい」との言葉が、町づくりの骨格だと感じています。

中谷 いま懸念しているのは、嫁の実家の家訓が揺らいでくると「俺が婿じゃ」と声高に主張する人が出てくることです。由布院には星野リゾートの進出が計画されています。生活文化には、「土から生えてくるもの」「風に乗ってくるもの」がある。由布院にある個人経営の旅館は土地に根差した「土」ですが、各地に施設を展開する星野リゾートは「風」でしょう。

 しかし土型、風型を両立させないと、たとえば料理などは成立しません。旅館の料理長が中心となり、由布院全体の料理のレベルアップを図った「ゆふいん料理研究会」や「風の食卓運動」は風に乗ってきたもの(各地の料理や研鑽を積んだ料理人)を由布院流にしようとしています。ただし、風土が文化になるには100年ぐらいかかるのではないでしょうか。

――最後に、「由布院がこれからも由布院であり続けるために」、何が大切かを教えてください。

溝口 「農村風景をどれだけ守り続けるか」でしょうね。農村の風景が美しい土地は癒されますし、由布院を訪れる人が求めるのは「懐かしさ」なのです。それを維持すれば「変わらないのも文化」という欧州の田舎町のようになります。また、由布院は人と人が「出会う機会」と「場所」を数多くつくってきました。映画祭や音楽祭などのイベントもそうですが、宿泊客以外の方に旅館のお風呂やレストランを開放したのも早かったのです。

中谷 地形的に由布院は絵に描いたようにきれいな盆地ですから、いつも山の向こうから何かが来る。来るまでは正体がわからないけれど、その何かが――たとえば塩や薬も――来ないと生きていけなかった。そして、歴史的には行政から見捨てられた土地でした。300年にわたり、隠れキリシタンの土地で、江戸時代は延岡藩(現宮崎県)の飛び地でした。制度的に藩主が支配しない存在だったため、「体制に異議あり」という人も抑え込む風土がなく、結果的に開放的な土地柄となり、独自の文化が育まれたと思います。

 地域活性化には「外部」との出会いは大切で、時に意見の対立もあります。都会なら、対立した人と関わらなくても暮らしていけますが、田舎はそうはいきません。旅館の設備が壊れた時に修理できるのが、その人しかいなかったりする。だから、別の機会に仲直りもしてきました。真剣な議論や対立も信頼関係を構築する道だと思います。

――ありがとうございました。

(構成=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)