ブルーレイボックス発売が決まった「機甲界ガリアン」 (C)サンライズ

写真拡大

 「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」の高橋良輔が原作・監督を務め、「鎧伝サムライトルーパー」の塩山紀生がキャラクターデザイン、「機動戦士ガンダム」の大河原邦男と「機動警察パトレイバー」の出渕裕がメカニカルデザインを担当したテレビアニメ「機甲界ガリアン」のプレミアムブルーレイボックスが、5月10日に発売される。

 「機甲界ガリアン」は、ファンタジックな世界観とロボットアクションが融合した作品で、惑星アーストを舞台に、征服王マーダルによって故郷のボーダー王国を奪われ、国王である父を殺されたジョルディ・ボーダーが、古の鉄巨人・ガリアンを駆り、アーストの未来のためマーダル軍に立ち向かう姿を描いた。1984〜85年に全25話がテレビ放送され、86年には全3章のOVAがリリースされた。

 ブルーレイボックスでは、マスターポジフィルムからHDリマスターされ、高画質化が図られたテレビシリーズとOVAの全話が収録される。発売告知サイトでは、これまでのSD画質とHD画質を比較したオープニング映像が公開中。初回仕様版は48ページの解説書が付属するほか、オリジナルスタッフによる描き下ろしボックスアート仕様で、映像特典としてノンクレジットのオープニングとエンディング、ブルーレイボックスの告知CMが収録される。ディスク5枚組で3万2000円(税抜き)。