中目黒で出会う。奥深くおいしいナッツの世界 #専門店のある街ヘ

写真拡大 (全13枚)

いつも出かける場所や、初めて訪れた街......。そこは、一つのジャンルに特化した「専門店のある街」かもしれません。ここでは、思わず行ってみたくなるような専門店を紹介していきます。
たくさんのナッツに興味津々

今回やってきたのは中目黒。東京メトロ日比谷線と東急東横線が乗り入れる中目黒駅の周りは、昔ながらのお店とここ数年で仲間入りしたショップが同居し、食事もショッピングも楽しめる場所となっています。
中目黒駅から、カフェやファストフードショップ、イタリアンやラーメンの店などに心惹かれながら、山手通り沿いを歩いて約10分。そこにあるのがナッツの専門店『Groovy Nuts(グルーヴィナッツ)』です。

大きな瓶に入った味のついていないプレーンナッツがずらりと棚に並び、ショーケースには4種類のフレーバーナッツが。

プレーンナッツの方を覗いてみると、アーモンドやカシューナッツといった誰もが知っているものももちろんありますが、あまり見たことのない珍しい商品も置いてあり、思わず興味をそそられます。

「わからないことがあったら聞いてくださいね」というスタッフの方のやさしさに甘えて、「産地の違うアーモンドがありますけど、味も違うんですか?」「"アンチエイジング"って書いてあるのは、やっぱり効果が期待できるのですか?」「こっちのフレーバーナッツは......」とあれこれ聞く私。
そのひとつひとつに丁寧に答えていただきながら、アーモンドと松の実、くるみ、カシューナッツ、そしてアンチエイジングが期待できるというブラジルナッツを自分好みの割合でミックスして購入。さらにフレーバーナッツから、カカオナッツも合わせて買いました。
単品でもミックスでもお好みで
『Groovy Nuts』では、プレーンナッツをすべて100グラム580円で販売。セルフサービスなので、私のようにいろいろなナッツをミックスするのも、単品で買うのも自由です。選んだものを入れる袋は、無料の紙袋と30円のチャック付きのビニール製の袋の2種類。家に密封容器がなければ、チャック付きのほうが乾燥剤も入れてもらえて保存に便利です。

プレーンナッツは常時約30種類揃っており、思わず目移りしてしまうかも。いろいろな種類を合わせて食べると、栄養価という点で互いに補う相乗効果があるそうなので、試したいものが多い人はミックスで買うと心も体も満たされるでしょう。
好みの割合でミックスしたプレーンナッツ
個性あふれる4種のフレーバーナッツ

フレーバーナッツは前述のカカオナッツの他、トリュフの香りがたまらない「トリュフナッツ」、自家製ベーコンと炭火でナッツをスモークした「ベーコンスモークドナッツ」、国産の百花ハチミツの優しい甘みがホッとする「ハニーローステッドナッツ」があります。
4種のフレーバーナッツの中から、カカオナッツを購入
私が買ったカカオナッツは、カカオ豆を砕いたカカオニブと最高級チョコレートでナッツをコーティングしたもの。カカオニブはビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどが豊富に含まれていて、美肌や便秘解消、ダイエット効果が期待できるスーパーフードです。
これだけで食べると苦みがあるようですが、カカオナッツはチョコレートとナッツが相まって、深い味わいを醸し出しています。おやつというより、ワインと一緒にいただきたい、大人のフレーバーナッツという気がしました。バレンタインデー用にと買っていく方も多いそうです。
栄養価だけじゃない、ナッツの魅力とは
ところで、ナッツに特化したお店は珍しいと思うのですが、オープンのきっかけは何だったのでしょう? 代表の佐川一郎さんに話を聞きました。
「じつは2020年のオリンピック招致に映像プロデューサーとして関わっていたのですが、招致が決まった後、オリンピック開催でどんな変化があるかを考えてみたんです。スポーツ人口が増え、"鍛えた体が美しい"というふうになるのではないか、ではその人たちが運動した後に何を食べるのか......それで、いろいろと調べたり話を聞いたりするうちにナッツが良いということに行きついたんです」
ナッツは栄養価が高く、良質な油分も含んでいます。栄養補給という点ではサプリメントもありますが、佐川さんはナッツはその摂り方という点でも優れているのだと言います。
「古代遺跡からは木の実が発掘されることがあります。人間が大昔からナッツを食べてきた証です。それから時代は進化を遂げてきたわけですが、食べ物を口にする時に、それを目で見て噛みしめるという方法は変わりません。つまり、身体に栄養を取り入れる時には、摂り方や気の持ちようも大切だと思うんです。ナッツは栄養価だけでなく、食べ方という点でも優れた食材だと言えるでしょう」
ただ、ナッツと聞くとカロリーが高いのではないかと敬遠する人もいるようです。
「確かに、100グラムで600キロカロリーと言われていますから、食べ過ぎはよくありません。1日に摂る量は一握り、約30グラムが適当です」

最近ではオーガニック食品やパワーフードなど、食に関する情報を耳にすることが多く、思わずそれに流されてしまいそうになります。こうした状況について、佐川さんは次のように話してくれました。
「ここではさまざまなナッツを販売していますが、『これが食べたい』と思ったものは、じつは身体が欲しているということかもしれません。頭で考えるより、本能や感性で選ぶという感覚は人間として失ってはいけない要素だと思うんです」
ナッツのドリンクとスープも見逃せない
『Groovy Nuts』では、ナッツだけでなく、ナッツを使ったスムージーやミルクといったドリンク、そして冬季限定のアーモンドミルクのスープも取り扱っています。スープのほうは飲むというより、食べるという表現が合っている一品。くるみ、かぼちゃの種、ホタテ、スモークベーコン、玉ねぎ、しめじ、カリフラワー、じゃがいも、かぶが入っており、おいしくて身体が温まるうえに、満足感もあります。寒い日にはおすすめしたいスープです。

自分のために、子どものおやつに、そしてギフトにと、男女問わずさまざまなお客さんが訪れる『Groovy Nuts』。リピーターが多いということでしたが、知れば知るほど奥深いナッツの世界に触れてみると、それも頷ける気がしました。

[Groovy Nuts]
住所:東京都目黒区東山1-1-5東山ATビル102
アクセス:東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」より10分
TEL:03-6451-2293
営業時間:11:00〜20:00
定休日:なし