「Insta360 Air」(アスクの発表資料より)

写真拡大

 アスクは9日、Shenzhen Arashi Vision社が展開するカメラブランド「Insta360」製の360度ビデオカメラ「Insta360 Air」の取り扱いを開始、3月上旬に発売すると発表した。

 「Insta360 Air」は、Androidスマートフォンに接続できる360度のビデオカメラ。重量は約26.5g、直径は37.6mmの軽量コンパクトサイズで手軽に持ち運びでき、スマートフォンのディスプレイを確認しながら手軽に360度の全天球写真・動画の撮影が行える。

 本体前後に備えた魚眼レンズは、F値2.4で、解像度は3040×1520ドットでの静止画撮影に加え、2560×1280ドットでの動画撮影が可能。撮影した静止画や動画は、専用アプリからFacebookやYouTubeなどのSNSに投稿でき、YouTubeと連携させることで、360度動画のライブストリーミング配信も可能だ。

 ラインナップは、Micro USBまたはUSB Type-Cコネクタ搭載モデルに、ブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの各カラーバリエーションを用意している。

 予想市場価格は2万円台前半(税抜)の予定。