エイチワン、「QUOカード」の株主優待を新設! 100株以上保有すると、継続保有期間に応じて QUOカードが1000〜3000円分もらえることに!

写真拡大

 株式会社エイチワンは、2017年3月末から株主優待制度を新設すると、2017年2月9日に発表した。

 エイチワンが新しく導入する株主優待の内容は、「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、継続保有期間に応じて『QUOカード』を贈呈」というもの。

 エイチワンが株主優待を導入する目的は、「当社は、平成28年4月1日に合併による創設から10周年を迎え、平成28年6月16日には、東京証券取引所市場第二部に市場変更されました。(中略)つきましては、株主の皆様の日頃からのご支援に感謝の意を表すとともに、引き続き、当社株式への投資魅力を高め、より多くの株主の皆様に長期間にわたり当社の成長をご支援いただきたく、株主優待制度を導入することといたしました」とのことだ。

 エイチワンの株主優待は、毎年3月末の株主名簿に記載された、100株以上を保有する株主が対象となり、初回は2017年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主を対象に開始する。

エイチワンが新設する
株主優待の内容と優待利回りは?

エイチワンが新設する株主優待の詳細
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
3月末 100株以上 3年未満 QUOカード1000円分
3年以上5年未満 QUOカード2000円分
5年以上 QUOカード3000円分
詳細 「継続保有期間」とは、いずれの時点においても株主名簿に記載または記録された
日から基準日(3月31日)までに同一の株主番号で連続して保有した期間をいう。
※「継続保有期間3年以上」とは、平成29年3月31日以後、毎年3月31日及び
9月30日現在の株主名簿に同一の株主番号で7回以上連続して記載または記録された
株主を指す。
※「継続保有期間5年以上」とは、平成29年3月31日以後、毎年3月31日及び
9月30日現在の株主名簿に同一の株主番号で11回以上連続して記載または記録された
株主を指す。

 エイチワンの2017年2月9日時点の株価(終値)は1362円なので、株主優待利回りを計算すると以下のようになる。

 【エイチワンの株主優待利回り】
 (100株保有の場合※継続保有期間3年未満)
 投資金額:100株×1362円=13万6200円
 優待内容:QUOカード1000円分
 株主優待利回り=1000円÷13万6200円×100=0.73%

 (100株保有の場合※継続保有期間3年以上5年未満)
 投資金額:100株×1362円=13万6200円
 優待内容:QUOカード2000円分
 株主優待利回り=2000円÷13万6200円×100=1.46%

 (100株保有の場合※継続保有期間5年以上)
 投資金額:100株×1362円=13万6200円
 優待内容:QUOカード3000円分
 株主優待利回り=3000円÷13万6200円×100=2.20%

 エイチワンが新設する株主優待は、人気の「QUOカード」をもらえるのが魅力。3年未満の保有だと優待利回りは平凡だが、3年以上、さらには5年以上保有すると、もらえる「QUOカード」が2〜3倍に増額されて優待利回りも大幅にアップするため、長期保有を視野に入れながら投資するのもよさそうだ。

 なお、エイチワンはさいたま市大宮区に本社を置く企業。多様な自動車骨格部品の製造が主力。そのほか、金型や溶接設備、二輪・汎用部品なども手掛けている。積極的に海外展開をしている影響から、業績は円高が重しになったものの、北米向けや中国などで売上が好調。

 2017年2月9日の14時には、2017年3月期の連結業績予想について、売上高を1730億円から1740億円(前期比13.1%減)、営業利益を60億円から80億円(同31.9%増)、純利益を36億円から57億円(同139.1%増)に上方修正することを発表。株主優待の新設も同タイミングで発表しており、9日の後場の株価は急騰し、前日比+229円(+20.21%)で引けている。

■エイチワン
業種 コード 市場 権利確定月
金属製品 5989 東証2部 毎年3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1362円 100株 13万6200円 1.62%
【エイチワンの最新の株価チャート・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2017年2月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。