仲の良さがうかがえる舞台挨拶

写真拡大

 野村周平と黒島結菜が共演した映画「サクラダリセット 前篇」の完成披露試写会が2月9日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。2人をはじめ、共演の平祐奈、健太郎、玉城ティナ、深川栄洋監督が出席した。

 河野裕氏の青春ミステリー小説を、野村の主演で実写映画化した2部作の前編。住人の半数が特殊能力を持つ閉ざされた街・咲良田(さくらだ)を舞台に、体験したことは決して忘れない“記憶保持”の能力者・浅井ケイ(野村)と、世界を最大3日分巻き戻す“リセット”の能力者・春埼美空(黒島)が、能力を取り締まる管理局と対峙する姿を描く。

 この日は、座長である野村が“舌好調”。登場時は、「映画が『はじめまして』になる。これはいつも緊張する。(映画を見た観客の)ツイッターとかを見るのが緊張する」と吐露したが、客席の「かわいい〜!」という熱烈なラブコールには「ありがとうありがとうありがとう。知ってる知ってる!」と笑いを誘う余裕を見せる。深川監督に「ケイは本当に頭が良くて、全能なくらいの人物。野村周平くんにはなかなか……」といじられた際にも、「言葉を選べよ(笑)」と身を乗り出してツッコミを入れていた。

 14日のバレンタインデーの話題では、「バレンタインは苦手です。恥ずかしいじゃないですか。うまくできるかも分からないので、避けて通ってきた」(黒島)、「私もちゃんと楽しんでいないです」(平)と女性陣は消極的。野村だけが、「理想を言うならチョコはもらいたくない。もらったことがありすぎるから」とモテ自慢を披露。女性陣から「ちょっと〜!」とブーイングが上がると、「うそだよ。うそ、うそ!」と大慌てだった。

 気さくなキャラクターで場内を盛り上げた野村だが、現場では気を配るあまり、空回りすることがあったという。健太郎が「テンションが異常に高いんです」と暴露すると、野村は「ひとつ言いたい。初対面で本読みがある時に、僕は気を使わせたくないから『おはようおはよう』って声をかけたんですが……あのね、おはようくらい笑って言おうぜ。君たちのおはようは怖いんです。どうなのそこのところ? 最近の若いのは」と“反撃”。だが、すぐさま健太郎が「野村さんのおはようはベクトルが違うところからくる。おはようを5、6回いうんです」と言って実演すると、場内は大爆笑。野村は苦笑いを浮かべながらも、楽しそうな共演陣の姿に満足げだった。

 「サクラダリセット」は、前編が3月25日、後編が5月13日から全国公開。