写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ナカバヤシは8日、同社のPCサプライブランド「Digio2」から34mmボールを搭載する「小型無線静音5ボタン トラックボール」を発表した。ブラック / ブルー / ゴールド / ピンク / レッド / シルバー / ホワイトの7色を用意。2月中旬に発売する。価格は8,550円から(税別)。

○Bluetoothモデル

Bluetooth接続のワイヤレストラックボール。価格は9,260円(税別)。親指で操作できる34mmのボールを搭載しながらも、本体の奥行きを短くしコンパクトにまとめている。

ボタン数は「5」で、左右クリックのほか「進む」「戻る」ボタンを搭載。クリック音は気になりにくい静音仕様となっている。ボールを動かす速度を検知し、ポインターの移動幅を自動調整する「おまかせ速度調整機能」を搭載する。電源には単4形乾電池×2本を使用。使用可能時間は約276時間。読み取り方式はレーザー式で、分解能は450〜1,200dpi。

インタフェースはBluetooth 3.0、対応プロファイルはHID。本体サイズはW88×D95×H47mm、重量は約106g(電池含まず)。対応OSはWindows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10、。OS X 10.2以降、Android 4.4以降。

○2.4GHzレシーバ受信モデル

2.4GHz帯のUSBレシーバで接続するモデル。価格は8,550円(税別)。トラックボールとしての機能はBluetoothモデルとほぼ共通。使用可能時間は約285時間で、重量は約105g(電池含まず)。

(リアクション)