そのままの前髪でかぶってるの!?おしゃ見えキャスケットの前髪ルールを解説♡

写真拡大 (全3枚)

今季流行中のキャスケット。でも、「かぶり方が難しい...」とか「私には似合わない」なんて思っていませんか? せっかくのトレンドアイテムだから、敬遠していたら損! そこで、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの渋沢知美さんに、キャスケットをオシャレにかぶるスタイリングルールを教えてもらいました。

ルール1 前髪は薄く短く

キャスケットをかぶる際は、前髪の量を薄くするのがポイント。そのままの前髪でかぶると、つばで前髪が押しつぶされて重たく見えてしまったりしていませんか? そんなときは前髪半分くらいを目安に残し、あとはツイストしながらピンで留め、キャスケットの中に隠しておきましょう。
また、前髪の長さは眉ラインを目安に。つばでつぶれた際に眉より長くなる場合は、ヘアアイロンでカールをつけるなど短く見えるように調整するのがおすすめです。

ルール2 後ろ髪はしまって、後れ毛を少量作る

キャスケット自体にボリュームがあるので、髪はコンパクトにまとめるのが◎。後頭部でお団子にして、キャスケットの中にしまい込みましょう。また、顔周りの髪と耳後ろに薄く残した後れ毛にアイロンでニュアンスを作ると、全体のバランスがよくなりますよ。

オシャレ上級者向けというイメージのあるキャスケットですが、前髪と後ろ髪のスタイリングルールを守れば、誰でもオシャレなかぶり方が可能に。これを機に、キャスケットにチャレンジしてみてくださいね!

キャスケット¥7,900(override)/override 明治通り店、イヤリング¥6,300(Ouca)/株式会社 ウーサ ※価格はすべて税抜き
【問い合わせ先】
override 明治通り店:(03)5467-0047、株式会社 ウーサ:(03)5708-5712

photo:福田宏美 stylist:川上麻瑠梨 model:下村沙季マリン

【関連記事】
・ ガーリー&大人っぽ。手持ちのニット帽が断然オシャレになるヘアアレンジ
・ どれくらい出すのが正解?疲れて見えない後れ毛の作り方

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。