写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「キャリア設定アップデート」は無視していいの?』という質問に答えます。

***

iPhoneの画面にときどき現れる「キャリア設定アップデート」のダイアログ、どう対応すればいいか悩みますよね。このダイアログには、「今はしない」と「アップデート」という2つのボタンがあり、どちらかをタップしないかぎり他の操作はできません。だから無視することはできず、その場でアップデートを実行するか、「今はしない」をタップしてその場をやり過ごすかの2択となります。

キャリア設定アップデートとは、利用している通信キャリア(契約しているSIMカード)のユーザにのみ適用されるアップデートで、通信サービスに関する設定情報が最新の状態に更新されます。MVNOのSIMカードを利用している場合は、NTTドコモなどの回線提供元(MVNE)のキャリア設定アップデートが影響してきます。

キャリア設定アップデートは、Appleが配布するiOSのソフトウェアアップデートとは異なります。システムの再起動を要求されることはなく、処理はごくわずかな時間で完了します。契約している通信キャリアが提供する最新のサービス/機能を利用できるということもあるため、敢えて避ける必要はありません。急ぎの用事がない場合は、その場でアップデートボタンをタップし、キャリア設定を更新しましょう。

ただし、アップデート後にアンテナのピクト表示が不安定になったりテザリングができなくなったりすることもあります。キャリア設定アップデート実行前の状態に戻すことはできないため、システムを再起動したり、MVNOが配布する設定プロファイルをインストールしなおしたりしてみましょう。

なお、「キャリア設定アップデート」ダイアログで「今はしない」ボタンをタップすると、その後しばらくダイアログは現れなくなります。任意のタイミングでアップデートしたいときには、『設定』を開いて「一般」→「情報」の順にタップすると手動で再表示できます。

(海上忍)