■開発責任者の愛車は、入社以来乗り続ける初代ロードスター!

新型ロードスターRF・開発責任者の中山主査は、現行ロードスターのチーフデザイナーであり、RF(リトラクタブルファストバック)では、チーフデザイナーを兼務したまま開発責任者に就任しました。

ご本人は根っからのクルマ好きで、マツダに入社した同じ年に登場した初代のNA型ロードスターを購入して、今も愛車として乗り続けているのですから素晴らしい!  さらに自らがデザインした現行のND型ロードスターも保有しているのですから、本当に素晴らしいデス!

1

そんなロードスター愛に溢れた中山主査でも、先代NC型RHT(リトラクタブルハードトップ)の後継車となるRFの開発は、大いに難航したとのこと。

何しろ現行のND型はリアの寸法を切り詰めたため、物理的にRHTユニットが搭載できなくなっていました。しかもNC型においてRHTは販売の過半数を超える人気を誇り、後継車でも外せない状況にありました。そんな窮状をいかにブレークスルーするかが、求められていたのです。

■ファストバックのデザイン力で、新しい価値を創造

そこで中山主査が見出したブレークスルーは「デザイン力」でした。RHTでのフルオープンを諦める代わりに、美しいファストバックのRFを企画したのです。

ただ開発を進めるには、経営陣の承認を得る必要があります。そこで開発陣は、3段階のプレゼンテーションを行いました。

最初にスタイルを提示して、ファストバックならではの美しさを訴求しました。次に運転席に座れる実物大インテリアモデルを用意して、オープンエアの開放感がスポイルされないことを確認して貰います。最後に、独創的なルーフの開閉動作をCGで見える化して、動作の美しさをアピールしました。

まさにRFの特徴である「カッコ良さ、開放感、動作の美しさ」の3点セットによるプレゼン作戦が見事的中して、RFにGOサインが出たのです。

■RFの技術は、デザインを引き立てる特筆ものの仕上がり

ただ過去の追加モデルを振り返ってみても、デザイン力でブレークスルーを試みて成功した例はさほど多くはありません。デザインを大きく変えようとしても、ベース車の骨格に依存せざるを得ないため、どうしても違和感が残ってしまうからです。

その点ND型ロードスターRFは、ベース車の産みの親であるチーフデザイナーがまさに開発責任者その人!  ベースの持ち味を活かしながらキャノピーを融合させて、エレガントなファストバック・スタイルを創造することに成功したのです。

ちなみにマツダでは鼓動デザインを展開して以来、技術陣が「デザイナーが描く造形を何としても実現させる!」という意識を強く持つようになったとのこと。RFのメカ技術とデザインの仕上がりは、見る人が見れば驚きを隠せない程の完成度だそうです。

初代ロードスターをこよなく愛する開発責任者が、精魂込めてデザインしたND型ロードスターRF。実車の運転席に座ってルーフを開閉するだけでも、きっとワクワク笑顔が浮かんでくると思いますヨ。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

第546弾新型ロードスターRFのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9341

開発責任者の愛車は「入社以来乗り続ける」初代ロードスター。新型ロードスターRFは「カッコ良さ・開放感・動作の美しさ」で勝負!(http://clicccar.com/2017/02/09/442167/)