「嫉妬」という字はどちらも「女」という字がつくので、女子がしそうなイメージですが、男子だって嫉妬はします。ただ女子と違って、嫉妬していることを悟られないようにしがち……。だから女子は彼が嫉妬していても気づかないこともありますよね。でも本当は嫉妬に気づいて欲しいし、嫉妬してしまう彼女の行動をやめて欲しいと思っています。あまり嫉妬が続くと、心が苦しくなってあなたから離れてしまうことも……。男子が彼女に嫉妬してしまうスイッチはこんなとき。

自分の知らないアクセサリーをつけている

今までつけていなかったアクセサリーをすると、嫉妬深い男子は「ほかの男からもらったのかな……?」と不安になります。疑い深い男子は「自分で買った」と言っても「本当に自分で買ったのか……?」「元カレからもらったやつなんじゃ……」と疑うことも。嫉妬されたくないのなら、彼の知らないアクセサリーはつけない方がいいかも。

まだ一緒に行ったことのない店・デートスポットを知っている

彼との会話中、「〇〇ってお店、昔行ったけどよかったよ」とか「前に〇〇行ったけど、カップルだらけですごい混んでた」などつい軽い気持ちでポロッと言ってしまうと、「誰と行ったんだよ……」と嫉妬する男子もいます。彼と行ったことのないお店やデートスポットの話はあまりしない方がいいかもしれません。

夜に連絡がとれない

飲み会に行くと言っていた彼女と夜遅くになっても連絡がとれない、となると彼氏としては不安です。まだ普通にみんなと飲んでいるだけだとしても「酔った勢いでほかの男といい感じになっていたら……」「男に口説かれて持ち帰られているんじゃ……」と妄想を膨らまします。彼が心配しないように飲み会中でも連絡をするなど、少し気にしてあげたほうがいいかも。

スマホが鳴っているのに反応しない

スマホが鳴っているのに反応しないのは彼としてはなんで? と不安になることも。女子のなかには彼とデート中は緊急な連絡以外はスマホを触らないと言う子もいつでしょう。でも彼的には「スマホ鳴っているのに反応しないと言うことは、俺の前では出れない相手なのかな……」と思ってしまうことも。

男友だちと下の名前かつ呼び捨てで呼び合っている

あなたが男友だちに下の名前で呼ばれているかつ、呼び捨てされている場合、彼は「なんでそんなになれなれしんだよ」「呼び捨て? どういう関係?」と嫉妬するかも。自分以外の男が彼女の名前を呼び捨てしてるこに不満を感じると言う男子は意外に多いです。