独身女性150名に聞く!恋愛相談をしていたら「好き」になった経験はある?

写真拡大 (全2枚)

恋愛相談をするときは、「好きな人」という秘密を共有し、赤裸々に恋愛について語るため、自然と距離も近づくはず。
相談しているうちに好きになっちゃった……!?なんて話も。

そこで今回は20〜30代独身女性に恋愛相談をしていたら好きになってしまった経験は「ある」or「ない」?というアンケートを実施。

さっそく気になる回答と理由をみていきましょう!

●「ある」派の意見

『恋愛相談をしていた人を好きになってしまいました。当時、親身になって聞いてくれる相手に、この人と一緒にいた方が幸せになれるのではないかと思ったからです』(29歳/イラストレーター)

『自分の弱点や愚痴など何でも話せるような信頼関係になり、なんでも受け入れてくれたから。その優しさに惚れてしまいました』(24歳/不動産)

『相談していると、会う頻度も連絡することも増えるので自然と。一緒に悲しんでくれたり、時にはダメな自分を指摘してくれたりして、安心できる存在になったから』(32歳/事務)

「ある」派の意見では、相談しているうちに相手の優しさ に、グッとくるという声が多数でした。

また、相談することを理由に連絡する頻度も会う回数も増えていき、信頼し安心できる存在にまでなったんだとか。
ありのままの弱い自分 もさらけ出せると、恋愛に発展しやすいのかもしれません。

●「ない」派の意見

『もともと好きな人に夢中で、その人以外みんな友達としてしかみれなかった。好きな人以外の男性と二人きりになっても何の感情もわかない』(27歳/サービス)

『そもそも異性に恋愛相談をしない!友達だと思ってる女友達にしか相談はしません』(22歳/学生)

『あくまで友達は友達。だから好きな人がいても相談できるのです。好きな人がいるのに、他に好きな人ができるなんてありえません!』(26歳/会社員)

「ない」派の意見では、好きな人に夢中だから 好きにならないという意見が多数でした!
友達は友達。好きな人以外特別な感情は芽生えない!とのこと。

また、そもそも異性に恋愛相談なんてしない!という女性も。
確かに男友達が少ない女性や、女友達で解決する女性はわざわざ男性に相談することもないようです。

●恋愛相談をしていたら好きになってしまった経験は「ある」or「ない」?果たして多数派は……?



ある……47.3%(71人)
ない……52.7%(79人)

僅差で「ない」派が多いという結果に!
「友達は友達」「好きな人に夢中だから」と考える人が多いようですね。

----------

いかがでしたか?
恋愛相談を異性にしていて、それが叶わぬ恋ならそれほど相手との相談回数も増えてくるかもしれません。
そしてずっと話を聞いてくれている優しい相手がかけがえのない存在に……という人も。

みんながそうだとは限りませんが、何があるかわからないのが恋愛のおもしろいところですね!

(文/恋愛jp編集部)