自分磨きは無意味! 結婚できないアラサー女性におくる「結婚の極意」6つ

写真拡大

結婚したい、でも出会いがない!良い男がいない!と嘆くアラサーの世のアラサーの女性達。

現実を見ましょう! 現実を見れないアラサーの女性達は、まず結婚できないという烙印を何故か押されます。
そうなる前に、夢ばかり見てないで現実を見るようにしましょう。

●(1)出会いは自らつかみとるべし

『待っていても運命の相手なんて現れないって結婚している友達に喝を入れられて気合が入りました……。自分から行動を起こすことを恐れないようにしたら出会いも増えました』(29歳/ブライダル系)

まず出会いがないと嘆くアラサーの女子達は自ら動くという事をしない人たちが圧倒的に多く見受けられます。
待っていても白馬の王子様なんて、かっこいい人は現れるはずもありません。

自ら動く ことによってしか、出会いというものは存在しません。
それは仕事も同じなのでは?
まずそこを認識しましょう。

●(2)雑誌や本には惑わされるな

『雑誌の記事を読んで一喜一憂、影響されやすい自分自身につかれました。意識を変えるだけではだめ!行動を変えなくてはいけませんね』(33歳/OL)

今じゃいろんな雑誌がこぞって、結婚できるのはこういう女性ですみたいな見出しを付けていますが、そしてそれは本当なのでしょうか?
雑誌に頼るだけで、結婚できるならばアラサーはそんなに苦労していません。

毎日うわ言のように、彼氏ができる、運命の人ができる、結婚もできる!
何て唱えているのは非現実的です。
というか何も起こりません。

まず、出会う事をしないのに、どうして唱えているだけで、言っているだけで、祈っているだけで、出会いが起こるのでしょうか?
今すぐ妄想 はやめましょう。

待っていても出会いがわかるのは20代という若いうちだけです。
これが現実です。

●(3)理想が高すぎる、現実を見て妥協せよ

『周りの結婚してない人たちは決まって理想が高い。誰でもいいって言っている女性でさえ、絶対細かいこだわりを持っている。現実そんな人いない!妥協点を見つけて自分で合わせることも大切だと思います』(29歳/会社員)

出会いがないと嘆く人たちの大半は、イケメンで年収の高い男がいない!という心の叫びが聞こえます。
いいですか イケメンで年収の高い男は、まず大半は若い女性 を選びます。
あとは見た目が美人かどうかです。

自分が連れて歩いていてふさわしいかどうかステータスとして選びます。
可もなく不可もなく美人でもないという方々はまず、選ばれません。
妥協しましょう。

この年まで来たから、いい人をつかみたい!という思いも分かります。
良い人とは、あなたにとってどういう人なのでしょうか?
妥協できるものはすべて妥協をしてください。

●(4)自分磨きは無意味

『必死にエステに美容院にマツエクにジムに休日を費やしてきたけど、その分の時間、出会いの場に行くとかすればよかったって今更思っています……』(30歳/会社員)

2週間に1回のエステが 自分を美しくさせる秘訣などと言ってる間は、9割の確率でもモテません。
むしろ嫌がられます。
金のかかる女だなと。

自分磨きというのは自己満足
です。
相手のためじゃありません。
確かに美しくあれば、それも良いです。

でもそれは外見だけじゃないのです。
中身を磨く必要があります。
たとえ美しくても、がさつであったり、料理ができない、掃除ができない、というか清潔感が全くないというのはNGです。

自分磨きをしている暇があるぐらいなら、婚活パーティー行ったり、誰かに紹介してもらうとか、そういう行動を起こしましょう!
よっぽど効率的です。

●(5)婚活はサバイバル!一人で戦うこと