パリモーターショー16で、電動パワートレイン車に特化した「EQ」ブランドの発足に合わせてコンセプトカー「ジェネレーション EQ」を初公開したダイムラー。

1

ディーター・ツェッチェCEOによれば、「EQ」は「エレクトリック・インテリジェンス」を意味しているそうで、「知能」を持つ電動車両シリーズと説明しています。

「ジェネレーション EQ」はスポーティなエクステリアデザインを纏ったボディに 408ps/71.4kgmを発生する強力な電動モーターを前後に搭載しており、子会社である独アキュモーティブ製70kWhの大容量リチウムイオンバッテリーとの組み合わせにより、0-100km/h加速は5秒以下、最大航続距離は500kmを発揮します。

ダイムラーの新たな企業戦略「CASE」に基づき2019年に市販予定で、2025年までに「EQ」シリーズ(SUV、サルーン、クーペ、カブリオレ等)を10車種投入、総販売台数の15〜25%をEV化する計画といいます。

ちなみに「CASE」はダイムラーが掲げる4つの新たな企業戦略の総称で、「Connectivity(つながる技術)」「Autonomous(自動運転)」「Shared&Services(カーシェア)」「Electric(電動化)」を表しています。

そうしたなか、ダイムラーは2月1日、電動車「EQ」シリーズの生産拠点をメルセデス・ベンツEクラスやCLS、Sクラス、マイバッハ、AMG GTなどを生産する、ジンデルフィンゲン工場に決定したと発表しました。

同工場は、ダイムラーの最も伝統的な車両工場で、メルセデス・ベンツの上級モデルを中心に日当たり200台を生産しているそうで、EQブランド車の生産に備え、125名の派遣スタッフの雇用をさらに1 年間延長したそうです。

EVを軸とする電動車の開発に大きく舵を切った同社の今後の動きが注目されます。

Avanti Yasunori・画像:DAIMLER)

【関連記事】

ダイムラーがウーバーとロボットタクシー事業に乗り出す!?
http://clicccar.com/2017/02/09/443312/

メルセデス・ベンツ 新型Eクラス「ステーションワゴン」動画&画像ギャラリー
http://clicccar.com/2017/02/04/442427/

メルセデス・ベンツ Eクラスに流麗な「2ドアクーペ」が登場!
http://clicccar.com/2016/12/19/427122/

メルセデス・ベンツなどドイツ3強がEV投入を加速!
http://clicccar.com/2016/10/19/409118/

乗ってみてわかった新型メルセデス・ベンツ「Eクラス」の凄さとは?【動画】
http://clicccar.com/2016/09/04/397222/

ダイムラーが電動車「EQ」シリーズの生産体制を発表!(http://clicccar.com/2017/02/09/443818/)