世界のクロサワの晩年の傑作が4Kで公開 (C)1985 KADOKAWA/STUDIOCANAL

写真拡大

 黒澤明監督が1985に発表した晩年の傑作「乱」を4Kデジタル修復した「乱4K」の公開が4月1日に決定。このほど新たにデザイン、編集した予告編とビジュアルがお披露目された。戦国時代の猛将を演じた仲代達矢の鬼気迫る演技、激しく壮大な騎馬合戦などの名シーンが切り取られている。

 世界のクロサワが構想10年、製作費26億円をかけて挑んだ本作は、日仏合作でシェイクスピアの「リア王」を戦国時代の毛利三兄弟物語に翻案した戦国絵巻。寺尾聰、根津甚八、原田美枝子、ピーターらが共演し、骨肉の争いを展開する。日本映画史上最大規模の騎馬合戦シーンや、絢爛豪華な映像美が海外でも高く評価され、第58回アカデミー賞監督賞、撮影賞などにノミネート。ワダエミ氏が日本人女性初となる同賞衣装デザイン賞に輝き、そのほか国内外で多数の映画賞を受賞した。

 2015年に最先端技術でデジタル修復を行い、黒澤監督がライフワークと公言した本作の圧倒的なスペクタクルと映像美を、4Kクオリティの画像と音響で楽しめる絶好の機会だ。

 過酷な戦国時代を生き抜いた老いた猛将、一文字秀虎。家督を三人の息子に譲る決心をするが、秀虎を待っていたのは息子たちの反逆と骨肉の争いだった。やがて、秀虎はショックのあまり発狂し、三人の息子は次々と死んでいく。

 「乱4K」は、4月1日からYEBISU GARDEN CINEMAほか順次上映。