インクジェットプリンター「EW-M770T」(写真:エプソン発表資料より)

写真拡大

 エプソンは8日、大容量インクタンク(エコタンク)を搭載したインクジェットプリンター「EW-M770T」とインクの新商品を3月2日に発売すると発表した。価格はオープン。

 「EW-M770T」は、顔料インク(ブラック)と、染料インク4色(フォトブラック、シアン、マゼンタ、イエロー)を搭載し、文書と写真もプリントできる豊富な機能がコンパクトな本体に凝縮されたA4カラー複合機。文書印刷、チラシ、DM、写真の印刷、およびディスクレーベルの印刷など幅広いプリントニーズに応える。また、大容量インクタンク(エコタンク)を搭載するため、プリント機会が多い場合に起きる印刷の中断やインク交換の手間を軽減し、ランニングコストを抑えたプリントを実現する。

 顔料インクと、染料インク4色の5種類のインクを搭載したことに加え、印刷する用紙設定によって自動的に顔料と染料の双方のブラックインクを効率的に使用し、文書やチラシの文字がにじみにくく、くっきりと印刷を可能にする。さらに、写真プリントも耐光性が50年、耐オゾン性が10年へと従来製品に対して大幅に向上、高い保存性を実現する。

 また、1回のインク交換で、カラーインク約5,000ページ、ブラックインク約8,000ページ、フォトブラックインク約11,500ページの大量プリント(A4カラー文書印刷時)が可能。1枚あたりの印刷コストは、A4カラー文書が約1.3円(税別)、A4モノクロ文書が約0.5円(税別)、L判写真で約6.0円(用紙代込み、税別)と低ランニングコストを実現。印刷速度は、カラー約10ipm、モノクロ約13ipm。。

 大容量インクタンクを搭載しながら本体サイズは収納時に幅425mm×奥行き359mm×高さ161mmとコンパクトに収め、従来製品では本体側面にあったインクタンクを前面に配置することで、インク補充もしやすく残量もひと目で確認可能とした。

 給紙は、エコタンク搭載モデルでは初めて前面2段給紙カセットと、背面トレイによる3Way方式を採用。プリント用途が変わっても使うたびに用紙を入れ替える手間を軽減した。インク補充や給紙などの主要な操作を前面で行えるため、プリント作業も快適としている。

 インク注入方式もこれまでのエコタンク搭載モデルから一新され、「挿すだけ満タン」インク方式を採用。インクタンクが満タンになると補充が自動で止まる。タンクとインクボトルは注入口の形状が色ごとに異なるため、他色への入れ間違いが起こらないように配慮。印刷では四辺フチなし印刷、ディスクレーベルプリント、自動両面印刷などの機能を搭載する。