2月9日(木)の午前0時に入籍したことを発表した三塚優子が電話取材に応えた。
百花繚乱!女子ツアーの特選フォトは「写真館」で
この日の朝からネットニュースなどで報道され、「朝から携帯が鳴り止まないです」と反響の大きさに驚いていた三塚。お相手は10歳年上の42歳で水戸在住の青年実業家。共に大の肉好きでデート時のディナーは「焼肉やステーキ屋」。そのことから、平成29年2月9日の“W肉の日”に入籍を決めたという。
交際1ヶ月でのスピード入籍だが、決め手は2つあったという。1つは「周りの人を笑顔にさせる太陽の様な人」という温かい人柄と、「私のワガママも全部受け止めてくれる」器の大きさ。これまでは「男性に振り回されることが多かった」三塚が始めて付き合った“大人”な男性。出会う前は「結婚などはまったく考えていなかった。けど、この人なら結婚したいと初めて思った」と、少し照れくさそうに話してくれた。
三塚は昨年5月に右手薬指をケガし、「トーナメント特別保障制度」(公傷制度)の適用が承認された。現在は痛みはほぼなくなり、「徐々にラウンドの回数を増やしている」。最大の武器である飛距離は落ちてはいないが、「小技の感覚がなくなってしまっている」のが現在の課題。復帰は5月の地元開催のメジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」を予定している。「まだ時間はあるのでアプローチなどを重点的に磨きたい」。心強い伴侶の助けも得て、ツアー復帰へ着実に歩みを進めている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

三塚優子が電撃結婚!肉の日、2月9日に入籍
ハヌルプロ、もっと恋愛してください(笑)!【キム・ハヌルコラム特別編】
伊藤園がツアールーキーの高橋恵、田辺ひかりと所属契約を締結
新婚・岡村咲が夫との2ショットを初披露!
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック!