東京・六本木にオープンする「料亭きりん」

写真拡大

日本料理人の笠原将弘氏がプロデュース。新感覚の懐石料理がワンコインで味わえる。

【写真を見る】日本料理「賛否両論」のオーナーである笠原将弘氏がプロデュース

キリンビール株式会社は、新感覚の懐石料理「料亭きりん」を2月15日(水)から2月18日(土)の期間限定で東京・六本木にオープンする。

“本格をもっと手軽に”をコンセプトに、日本料理「賛否両論」のオーナーである笠原将弘氏がプロデュースを手がける「料亭きりん」。「高級で手を出しづらい」とイメージしがちな懐石料理だが、キリンのチューハイブランドと笠原氏がコラボレーションすることで、新感覚の懐石料理とチューハイのセットを500円で味わうことができる。

提供されるのは、「蒸し鶏と蟹蒲鉾の柑橘ジュレがけ」と「大根とごまみそあんかけ季節の野菜添え」、「スパイシーな秘伝だれのから揚げ」、「鮭の和風特製ソース焼き 磯の香り」、「海老ごはん」の5種類。

「なぜ本格懐石を500円で提供できるのか?」という疑問も浮かぶが、店舗オープンに先立ち公開されているコンセプトムービーのラストに聞こえる音に、低価格のヒントが隠されているとのこと。そして、懐石料理の秘密については、オープン当日の2月15日(水)に明かされるという。

期間限定の「料亭きりん」で、本格的なのに手軽に楽しめる懐石料理と、店舗で手搾りしたような本格チューハイを驚きの低価格で堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】