写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アスクは9日、Shenzhen Arashi Visionのカメラブランド「Insta360」で展開する、Androidスマホと接続して、360度の全天球写真や動画が撮影可能な「Insta360 Air」の取り扱い開始を発表した。3月上旬に発売し、店頭予想価格は税別2万円台前半の見込み。

本体の前後にF2.4の魚眼レンズを備え、3,040×1,520ドットの静止画撮影や2,560×1,280ドットでの動画撮影に対応する。動画のフレームレートは30fps。撮影した静止画や動画は専用アプリからFacebookやYouTubeといったSNSに投稿できるほか、YouTubeと連携させることで、360度動画のライブストリーミング配信も可能だという。

micro USB搭載モデルとUSB Type-C搭載モデルを用意。電源はスマートフォンのバッテリーを利用する。本体サイズは直径37.6mm、重量は26.5g。本体カラーはブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの4色。