世界最大規模のゲームの見本市「E3」ことElectronic Entertainment Expo。今年の「E3 2017」も開催場所はいつも通りロサンゼルス、開催期間は6月13日〜15日となっていますが、なんと今回は史上初めて一般向けチケットが販売されます。



動画はEntertainment Software Associationより。

昨年のE3では、開催場所のロサンゼルス・コンベンション・センターの外で行われたE3 Liveイベントが一般に無料開放されたものの、その内容は非常に限られたものでした。しかし、今年は一般向けのチケット「コンシューマー・パス」が販売されます。

Upload VRが報じるところによると、コンシューマー・パスは太平洋標準時の2月13日午前9時から、1万5000枚まで販売され、価格は250ドル(約2万8000円)、早期割引価格が150ドル(約1万7000円)とのこと。プレスカンファレンスには行けないものの、ショーフロア、パネルディスカッション、他の関連イベントはコンシューマー・パスで見て回れます。

ゲームファンにとって、E3はメディアを通してしか体験できなかったイベントでしたが、こうして一般開放されることで、より身近なものになるかもしれません。

昨年はEAがE3に出展せず、直前に独自の「EA Play」イベントを開催した他、ActivisionもE3に出展しないなど、企業による「E3離れ」も見られました。一般開放に対して、各ゲーム会社がどのようにとらえるのか?も気になるところです。


image: YouTube
source: Upload VR, YouTube

(abcxyz)