【レンジで6分】豚肉と白菜のミルフィーユ鍋を作ってみた

写真拡大 (全5枚)

寒い冬は温かい鍋がおいしい季節。鍋といえば晩御飯ですが、お昼ご飯やちょっとお腹が空いた時にちょうどいい、少し小さめの鍋料理があったらいいのに…と思ったことはありませんか?

今回は、丸い耐熱容器を鍋に見立て、電子レンジで簡単に「豚肉と白菜のミルフィーユ」を作ってしまうレシピをご紹介。白菜1/4カットと、豚バラ肉が約200gあれば2人分作れてしまうので、経済的にもかなり重宝します♪ 実際に挑戦してみました。

【連載】時短&簡単レシピ! レンチン活用術

第1回:

第2回:

第3回:

第4回:

第5回:【レンジで6分】豚肉と白菜のミルフィーユ鍋を作ってみた

レンチンで作る「豚肉と白菜のミルフィーユ鶏ガラ味」

豚肉と白菜、鶏ガラスープの素、酒だけで作るいたってシンプルなレシピですが、とてもおいしくできあがってびっくりするかも? 白菜をたくさん使っていてヘルシーなので、ダイエットにもよさそうな1品です。

◇材料(2人前)

・豚バラ肉 200g程度

・白菜 1/4個

■調味料(1皿分)

・鶏ガラスープの素 大さじ1

・酒 大さじ2

◇作り方

1)白菜の葉を水で洗う

2)洗った白菜の間に、豚バラ肉を挟んでいく

3)すべて挟み終わったら、芯を切り落とす

4)3を約10cm幅で切る

5)少し深めの耐熱容器を2つ用意し、4を2等分して入れる

筆者の家にはちょうど良い耐熱容器が1つしかなかったので、余った具は翌日に持ち越すことにし、まずは1つでチャレンジ。加熱すると、白菜の水分が抜けてカサが減るので、その分ギッシリ白菜と豚肉を詰めましょう。

6)調味料を1皿分ずつ、5の上から入れる

7)6にふんわりラップをし、500Wの電子レンジで1皿約6分加熱する

8)豚肉に火が通り、白菜がしんなりしたら完成!

お好みで七味唐辛子をかけたり、ポン酢やゴマダレを別皿に準備したりしてもいいかも。でも、鶏ガラスープの素だけでちゃんと味がつくので、まずはポン酢やゴマダレをつけずにシンプルに食べてみて欲しい料理。豚肉の甘さと旨味がしっかりと出ていて、柔らかいけれども、ほどよく食感を残した白菜に絡み、あっさり&おいしくいただけます。

所要時間は電子レンジに入れるまで、7分程度。上述の加熱時間は、1皿分の時間なので、2皿同時に温める際は、加熱時間の調整が必要。また、加熱時間はあくまで目安なので、食べる前に豚肉に火がしっかり通ったか確認してください。豚肉を白菜に挟む際は、キレイに豚肉を敷き詰めず、ある程度おおざっぱでも大丈夫ですよ。手際のいいママなら5分もあれば十分かもしれません。

あっという間にオシャレな豚肉と白菜のミルフィーユが完成! やはり電子レンジは、恐るべき時短の可能性を秘めています…。レンチンレシピは数えきれないくらい存在するので、持ちネタならぬ、持ちレンチンレシピを何種類かレパートリーに加えると、かなり料理が楽になるかもしれないですね。

(文・山本健太郎/考務店)