【安斎流・恋愛姓名判断】外運46画の恋は、見栄っ張りで相手に合わせすぎる

写真拡大

――名字の1文字目と、名前の最後の文字を足した画数を「外運」と言います。外運は、対人運や恋愛傾向があらわれる場所。外運の画数から、その人の好きになりやすいタイプや、恋愛パターンをみていきましょう。

【安斎流・恋愛姓名判断】バックナンバーはこちら>>>

<第42回 外運「46画」>

■外運「46画」の人の恋愛キーワード
★吉凶……凶数、状況によって吉数
★キーワード……甘い言葉に弱い。明暗背中合わせの運を持つ。中身のない異性に惹かれがち。けじめを付けるのが下手。だまされやすい。

<外運とは?>
 外運は、「名字の1文字目」と「名前の最後の文字」の画数を足したものです。ただし、名前3文字以上、名字3文字以上の場合は異なります。佐藤・真理子の場合、名字の「佐」と名前の下二文字「理子」が外運に、御手洗・萌の場合、名字の「御手」と名前の「萌」が外運になります。自分を取り巻く環境をあらわし、対人運や恋愛傾向がわかります。また、外運の「端数」とは、一桁ならその数字、二桁なら一の位のことを指します。

■外運「46画」の人の恋愛傾向
 基本的に真面目で、恋愛でも細かい気配りができるタイプです。しかし、相手選びが下手で、軽はずみに結論を出しがち。見栄っ張りなところもあるので、外見を重視して相手を選んでしまいます。また、よく知らないうちに付き合って、相手の言葉をすべて信じてしまい、遊ばれてしまうことも。よくも悪くも影響を受けやすいタイプなので、交際を始めれば相手のペースに合わせて尽くしていきます。ややルーズで意志も弱いため、相手のリードがなければ恋愛はうまくいかないでしょう。

■外運「46画」の人と相性がいいタイプ
 相手に合わせて行動してしまい、楽な選択をしがちなので、支えて引っ張っていってくれる相手がオススメです。基本的には、思いやりを持ってリードしてくれる相手であるとことが大切です。端数「5」「8」の相手は、真面目で心がまっすぐなので、外運「46画」の背中を押してくれるいいパートナーとなるでしょう。また、物ごとをきっぱりと言うことのできる端数「1」「3」もオススメです。そのほか、しっかり者の年下や、余裕のある年上が相手なら、外運「46画」の面倒見のよさが発揮されて、お互いを包み込むような関係になれるでしょう。ただし外運「46画」は相手を見極めるのが苦手な上に、その人の色に染まってしまいますので、相手をよく調べるのが大切です。

 外運「46画」の人は、人に合わせてしまいがちですが、恋愛においては無理が生じます。自分のよさも発揮できるような恋愛を意識しましょう。また、日常生活でもメリハリをつけることを大切にすれば、好調の波をキープすることができます。
(安斎勝洋)